芸能人 範田紗々×初イキねっとり絶頂FUCK

範田紗々が遂にイカセに挑戦!
監督は巨匠・溜池ゴロー。
ねっとりとした溜池ワールドが紗々を包み込み、長い前戯からマ○コをトロトロにしてゆく。
大人のSEX連発の後には加藤鷹が満を持して登場し、最新大人のおもちゃで紗々を責めまくる!
初めての体験に喘ぎ声が絶叫に変わる!
そんな初めての絶頂を体験した範田紗々の目には涙が…。
特集 最新作やセール商品など、お得な情報満載の『SODクリエイトのブランドストア』はこちら!

レビューを見る

購入・お申し込みはこちら

サンプル動画

サンプル画像

クリックすると大きな画像で表示します。

購入・お申し込みはこちら

コメント

  1. なんとも

    タイトルが結構ハードなものを想像させてくれたので、期待しましたがタイトルほどではありませんでした。

    デビュー一作目の衝撃が強すぎたのか似たような感じの絡みをこなしてもいまいちグッとこないですね。

    実際、伝わってくるほど絶叫でもイキでもない気もしますし、次回作に期待としか言いようのない感じ。

    個人的に、3作目のコスプレの方がよかった

  2. 微妙な

     デビュー当時の初々しさがあまりなくなってきているのが残念です。
    その一方からみもまだ受け身なのでちょっと退屈な感じもします。
  3. 加藤鷹は神だった。

    範田紗々の4作目。
    3作出演しても全くイクことが出来ない彼女のために、神を呼ぶしかないと、加藤鷹が呼ばれている。
    加藤鷹の名言「イケないんじゃなくて、イクんだよ」はこの作品で撮影前の範田紗々に語った言葉。
    彼女の後日談によれば、その気持ちの切り替えと、カリスマの卓越したテクニックによって、これまで経験したことのない快感が全身に押し寄せ、いつの間にかイっていたらしい。
    相手が大型新人女優という制約がある中でも、ドグマ作品などとは異なる、一転してソフトなアプローチで見事に初オーガズムに導いてしまう加藤鷹の技術には、感心するばかりである。
  4. faceさん より:
    まだまだ

    以前より進歩しているかなと思って借りたのだが、未だにカラミもゆるい。
  5. hideさん より:
    なかなか

    3回の絡みがあって最後の加藤鷹さんとの絡みは良かった。

    ささちゃんがSEX後涙を見せていました。

    流石加藤鷹と言ったところでしょうね!

  6. 良いですがAV女優としての限界も見えた作品

    範田紗々さん滅茶滅茶かわいく美しく魅力的な方ですが、AV女優といて突き抜けられなかったという印象です。

    この作品は加藤鷹さんとの対戦があり突き抜けるチャンスで、他の作品にはない感じ方をしてるのはわかるものの、AV女優としてはもう一歩ほしい感は拭えませんでした。

  7. お毛毛さん より:
    絶叫

    ささちゃんが加藤鷹とのガチンコファックでは絶叫していました。
    当初は芸能人といった目で見ていたが、もうAV女優としても十分に見れますね。
  8. う~ん

    女優さんはカワイイんですけど、内容は特に見所無しでした。
    以上
  9. 元アイドルが見せる「抵抗感」という名のエロス

    正真正銘「元グラビアアイドル」のAVデビュー第4弾。
    前3作ではまだ「半アイドル半AV女優」といったカンジだったが、そろそろ「AV女優」としてのイメージが強くなってきた・・・といいたいところだが、本番後に涙ぐんだりする「ウブっぽさ」は健在である。
    わりとすんなりAV界に溶け込んでいく「元芸能人」が多い中で、彼女にはいまだに知らない男とセックスすることへの「抵抗感」が感じられる。
    でも、その「抵抗感」こそが、他のAV女優にはない「範田紗々独特の魅力」なのだ。
    タイトルの「ねっとり絶頂FUCK」には程遠い内容だが、彼女には彼女のエロスがある。
  10. 惜しい

     もうチョッと何度もイキまくってくれたりするといい。

    もっと愛撫とか、チンポで行ってほしかった

  11. 潮ノ海さん より:
    涙???

    加藤鷹との絡みもいまいちだし、涙ながしてもかわいくなかった。
    清純が売り???
  12. とってもウブです。

    エッチのあとの涙。
    果たしてその意味は?

    激しいカラミを好む方には向きません。

    純情という言葉を忘れた人は見ない方がいいです。

    純粋な子であると信じたい。

    だから言いたい。

    なぜAVに?

    なぜ豊胸を?

  13. パッケージが野暮ったい

    まだSEXでイッた事が無いという紗々をイカセるという企画。

    オナニーではイッた事があるらしいのでまずは本人にオナニーさせて平勘一が手伝うという作戦。

    しかしパンツの中に入れた手はあまり動いてなくて平勘一の指が股間に伸びると止めてしまう始末。

    監督溜池のハメ撮りも壊れ物に触るようで

    得意のバイブ挿入這い這いもバイブの代わりにピンクローターを挿入。

    紗々を初めて膣内でイカセたのは加藤鷹ではなくて電マアタッチメントの「加藤鷹の手」。

  14. パッケージが野暮ったい

    まだSEXでイッた事が無いという紗々をイカセるという企画。

    オナニーではイッた事があるらしいのでまずは本人にオナニーさせて平勘一が手伝うという作戦。

    しかしパンツの中に入れた手はあまり動いてなくて平勘一の指が股間に伸びると止めてしまう始末。

    監督溜池のハメ撮りも壊れ物に触るようで

    得意のバイブ挿入這い這いもバイブの代わりにピンクローターを挿入。

    紗々を初めて膣内でイカセたのは加藤鷹ではなくて電マアタッチメントの「加藤鷹の手」。

  15. 加藤鷹は神だった。

    範田紗々の4作目。
    3作出演しても全くイクことが出来ない彼女のために、神を呼ぶしかないと、加藤鷹が呼ばれている。
    加藤鷹の名言「イケないんじゃなくて、イクんだよ」はこの作品で撮影前の範田紗々に語った言葉。
    彼女の後日談によれば、その気持ちの切り替えと、カリスマの卓越したテクニックによって、これまで経験したことのない快感が全身に押し寄せ、いつの間にかイっていたらしい。
    相手が大型新人女優という制約がある中でも、ドグマ作品などとは異なる、一転してソフトなアプローチで見事に初オーガズムに導いてしまう加藤鷹の技術には、感心するばかりである。
  16. 元アイドルが見せる「抵抗感」という名のエロス

    正真正銘「元グラビアアイドル」のAVデビュー第4弾。
    前3作ではまだ「半アイドル半AV女優」といったカンジだったが、そろそろ「AV女優」としてのイメージが強くなってきた・・・といいたいところだが、本番後に涙ぐんだりする「ウブっぽさ」は健在である。
    わりとすんなりAV界に溶け込んでいく「元芸能人」が多い中で、彼女にはいまだに知らない男とセックスすることへの「抵抗感」が感じられる。
    でも、その「抵抗感」こそが、他のAV女優にはない「範田紗々独特の魅力」なのだ。
    タイトルの「ねっとり絶頂FUCK」には程遠い内容だが、彼女には彼女のエロスがある。
  17. 惜しい

     もうチョッと何度もイキまくってくれたりするといい。

    もっと愛撫とか、チンポで行ってほしかった

  18. 潮ノ海さん より:
    涙???

    加藤鷹との絡みもいまいちだし、涙ながしてもかわいくなかった。
    清純が売り???
  19. 微妙な

     デビュー当時の初々しさがあまりなくなってきているのが残念です。
    その一方からみもまだ受け身なのでちょっと退屈な感じもします。
  20. なんとも

    タイトルが結構ハードなものを想像させてくれたので、期待しましたがタイトルほどではありませんでした。

    デビュー一作目の衝撃が強すぎたのか似たような感じの絡みをこなしてもいまいちグッとこないですね。

    実際、伝わってくるほど絶叫でもイキでもない気もしますし、次回作に期待としか言いようのない感じ。

    個人的に、3作目のコスプレの方がよかった

  21. お毛毛さん より:
    絶叫

    ささちゃんが加藤鷹とのガチンコファックでは絶叫していました。
    当初は芸能人といった目で見ていたが、もうAV女優としても十分に見れますね。
  22. faceさん より:
    まだまだ

    以前より進歩しているかなと思って借りたのだが、未だにカラミもゆるい。
  23. hideさん より:
    なかなか

    3回の絡みがあって最後の加藤鷹さんとの絡みは良かった。

    ささちゃんがSEX後涙を見せていました。

    流石加藤鷹と言ったところでしょうね!

  24. う~ん

    女優さんはカワイイんですけど、内容は特に見所無しでした。
    以上
  25. 良いですがAV女優としての限界も見えた作品

    範田紗々さん滅茶滅茶かわいく美しく魅力的な方ですが、AV女優といて突き抜けられなかったという印象です。

    この作品は加藤鷹さんとの対戦があり突き抜けるチャンスで、他の作品にはない感じ方をしてるのはわかるものの、AV女優としてはもう一歩ほしい感は拭えませんでした。

  26. とってもウブです。

    エッチのあとの涙。
    果たしてその意味は?

    激しいカラミを好む方には向きません。

    純情という言葉を忘れた人は見ない方がいいです。

    純粋な子であると信じたい。

    だから言いたい。

    なぜAVに?

    なぜ豊胸を?

  27. とってもウブです。

    エッチのあとの涙。
    果たしてその意味は?

    激しいカラミを好む方には向きません。

    純情という言葉を忘れた人は見ない方がいいです。

    純粋な子であると信じたい。

    だから言いたい。

    なぜAVに?

    なぜ豊胸を?

  28. 惜しい

     もうチョッと何度もイキまくってくれたりするといい。

    もっと愛撫とか、チンポで行ってほしかった

  29. う~ん

    女優さんはカワイイんですけど、内容は特に見所無しでした。
    以上
  30. hideさん より:
    なかなか

    3回の絡みがあって最後の加藤鷹さんとの絡みは良かった。

    ささちゃんがSEX後涙を見せていました。

    流石加藤鷹と言ったところでしょうね!

  31. 良いですがAV女優としての限界も見えた作品

    範田紗々さん滅茶滅茶かわいく美しく魅力的な方ですが、AV女優といて突き抜けられなかったという印象です。

    この作品は加藤鷹さんとの対戦があり突き抜けるチャンスで、他の作品にはない感じ方をしてるのはわかるものの、AV女優としてはもう一歩ほしい感は拭えませんでした。

  32. なんとも

    タイトルが結構ハードなものを想像させてくれたので、期待しましたがタイトルほどではありませんでした。

    デビュー一作目の衝撃が強すぎたのか似たような感じの絡みをこなしてもいまいちグッとこないですね。

    実際、伝わってくるほど絶叫でもイキでもない気もしますし、次回作に期待としか言いようのない感じ。

    個人的に、3作目のコスプレの方がよかった

  33. お毛毛さん より:
    絶叫

    ささちゃんが加藤鷹とのガチンコファックでは絶叫していました。
    当初は芸能人といった目で見ていたが、もうAV女優としても十分に見れますね。
  34. faceさん より:
    まだまだ

    以前より進歩しているかなと思って借りたのだが、未だにカラミもゆるい。
  35. 潮ノ海さん より:
    涙???

    加藤鷹との絡みもいまいちだし、涙ながしてもかわいくなかった。
    清純が売り???
  36. 微妙な

     デビュー当時の初々しさがあまりなくなってきているのが残念です。
    その一方からみもまだ受け身なのでちょっと退屈な感じもします。
  37. 元アイドルが見せる「抵抗感」という名のエロス

    正真正銘「元グラビアアイドル」のAVデビュー第4弾。
    前3作ではまだ「半アイドル半AV女優」といったカンジだったが、そろそろ「AV女優」としてのイメージが強くなってきた・・・といいたいところだが、本番後に涙ぐんだりする「ウブっぽさ」は健在である。
    わりとすんなりAV界に溶け込んでいく「元芸能人」が多い中で、彼女にはいまだに知らない男とセックスすることへの「抵抗感」が感じられる。
    でも、その「抵抗感」こそが、他のAV女優にはない「範田紗々独特の魅力」なのだ。
    タイトルの「ねっとり絶頂FUCK」には程遠い内容だが、彼女には彼女のエロスがある。
  38. パッケージが野暮ったい

    まだSEXでイッた事が無いという紗々をイカセるという企画。

    オナニーではイッた事があるらしいのでまずは本人にオナニーさせて平勘一が手伝うという作戦。

    しかしパンツの中に入れた手はあまり動いてなくて平勘一の指が股間に伸びると止めてしまう始末。

    監督溜池のハメ撮りも壊れ物に触るようで

    得意のバイブ挿入這い這いもバイブの代わりにピンクローターを挿入。

    紗々を初めて膣内でイカセたのは加藤鷹ではなくて電マアタッチメントの「加藤鷹の手」。

  39. 加藤鷹は神だった。

    範田紗々の4作目。
    3作出演しても全くイクことが出来ない彼女のために、神を呼ぶしかないと、加藤鷹が呼ばれている。
    加藤鷹の名言「イケないんじゃなくて、イクんだよ」はこの作品で撮影前の範田紗々に語った言葉。
    彼女の後日談によれば、その気持ちの切り替えと、カリスマの卓越したテクニックによって、これまで経験したことのない快感が全身に押し寄せ、いつの間にかイっていたらしい。
    相手が大型新人女優という制約がある中でも、ドグマ作品などとは異なる、一転してソフトなアプローチで見事に初オーガズムに導いてしまう加藤鷹の技術には、感心するばかりである。
  40. faceさん より:
    まだまだ

    以前より進歩しているかなと思って借りたのだが、未だにカラミもゆるい。
  41. 微妙な

     デビュー当時の初々しさがあまりなくなってきているのが残念です。
    その一方からみもまだ受け身なのでちょっと退屈な感じもします。
  42. hideさん より:
    なかなか

    3回の絡みがあって最後の加藤鷹さんとの絡みは良かった。

    ささちゃんがSEX後涙を見せていました。

    流石加藤鷹と言ったところでしょうね!

  43. 元アイドルが見せる「抵抗感」という名のエロス

    正真正銘「元グラビアアイドル」のAVデビュー第4弾。
    前3作ではまだ「半アイドル半AV女優」といったカンジだったが、そろそろ「AV女優」としてのイメージが強くなってきた・・・といいたいところだが、本番後に涙ぐんだりする「ウブっぽさ」は健在である。
    わりとすんなりAV界に溶け込んでいく「元芸能人」が多い中で、彼女にはいまだに知らない男とセックスすることへの「抵抗感」が感じられる。
    でも、その「抵抗感」こそが、他のAV女優にはない「範田紗々独特の魅力」なのだ。
    タイトルの「ねっとり絶頂FUCK」には程遠い内容だが、彼女には彼女のエロスがある。
  44. パッケージが野暮ったい

    まだSEXでイッた事が無いという紗々をイカセるという企画。

    オナニーではイッた事があるらしいのでまずは本人にオナニーさせて平勘一が手伝うという作戦。

    しかしパンツの中に入れた手はあまり動いてなくて平勘一の指が股間に伸びると止めてしまう始末。

    監督溜池のハメ撮りも壊れ物に触るようで

    得意のバイブ挿入這い這いもバイブの代わりにピンクローターを挿入。

    紗々を初めて膣内でイカセたのは加藤鷹ではなくて電マアタッチメントの「加藤鷹の手」。

  45. 加藤鷹は神だった。

    範田紗々の4作目。
    3作出演しても全くイクことが出来ない彼女のために、神を呼ぶしかないと、加藤鷹が呼ばれている。
    加藤鷹の名言「イケないんじゃなくて、イクんだよ」はこの作品で撮影前の範田紗々に語った言葉。
    彼女の後日談によれば、その気持ちの切り替えと、カリスマの卓越したテクニックによって、これまで経験したことのない快感が全身に押し寄せ、いつの間にかイっていたらしい。
    相手が大型新人女優という制約がある中でも、ドグマ作品などとは異なる、一転してソフトなアプローチで見事に初オーガズムに導いてしまう加藤鷹の技術には、感心するばかりである。
  46. とってもウブです。

    エッチのあとの涙。
    果たしてその意味は?

    激しいカラミを好む方には向きません。

    純情という言葉を忘れた人は見ない方がいいです。

    純粋な子であると信じたい。

    だから言いたい。

    なぜAVに?

    なぜ豊胸を?

  47. 良いですがAV女優としての限界も見えた作品

    範田紗々さん滅茶滅茶かわいく美しく魅力的な方ですが、AV女優といて突き抜けられなかったという印象です。

    この作品は加藤鷹さんとの対戦があり突き抜けるチャンスで、他の作品にはない感じ方をしてるのはわかるものの、AV女優としてはもう一歩ほしい感は拭えませんでした。

  48. 惜しい

     もうチョッと何度もイキまくってくれたりするといい。

    もっと愛撫とか、チンポで行ってほしかった

  49. なんとも

    タイトルが結構ハードなものを想像させてくれたので、期待しましたがタイトルほどではありませんでした。

    デビュー一作目の衝撃が強すぎたのか似たような感じの絡みをこなしてもいまいちグッとこないですね。

    実際、伝わってくるほど絶叫でもイキでもない気もしますし、次回作に期待としか言いようのない感じ。

    個人的に、3作目のコスプレの方がよかった

  50. 潮ノ海さん より:
    涙???

    加藤鷹との絡みもいまいちだし、涙ながしてもかわいくなかった。
    清純が売り???
  51. お毛毛さん より:
    絶叫

    ささちゃんが加藤鷹とのガチンコファックでは絶叫していました。
    当初は芸能人といった目で見ていたが、もうAV女優としても十分に見れますね。
  52. う~ん

    女優さんはカワイイんですけど、内容は特に見所無しでした。
    以上
  53. う~ん

    女優さんはカワイイんですけど、内容は特に見所無しでした。
    以上
  54. 惜しい

     もうチョッと何度もイキまくってくれたりするといい。

    もっと愛撫とか、チンポで行ってほしかった

  55. 惜しい

     もうチョッと何度もイキまくってくれたりするといい。

    もっと愛撫とか、チンポで行ってほしかった

  56. hideさん より:
    なかなか

    3回の絡みがあって最後の加藤鷹さんとの絡みは良かった。

    ささちゃんがSEX後涙を見せていました。

    流石加藤鷹と言ったところでしょうね!

  57. なんとも

    タイトルが結構ハードなものを想像させてくれたので、期待しましたがタイトルほどではありませんでした。

    デビュー一作目の衝撃が強すぎたのか似たような感じの絡みをこなしてもいまいちグッとこないですね。

    実際、伝わってくるほど絶叫でもイキでもない気もしますし、次回作に期待としか言いようのない感じ。

    個人的に、3作目のコスプレの方がよかった

  58. faceさん より:
    まだまだ

    以前より進歩しているかなと思って借りたのだが、未だにカラミもゆるい。
  59. 良いですがAV女優としての限界も見えた作品

    範田紗々さん滅茶滅茶かわいく美しく魅力的な方ですが、AV女優といて突き抜けられなかったという印象です。

    この作品は加藤鷹さんとの対戦があり突き抜けるチャンスで、他の作品にはない感じ方をしてるのはわかるものの、AV女優としてはもう一歩ほしい感は拭えませんでした。

  60. 元アイドルが見せる「抵抗感」という名のエロス

    正真正銘「元グラビアアイドル」のAVデビュー第4弾。
    前3作ではまだ「半アイドル半AV女優」といったカンジだったが、そろそろ「AV女優」としてのイメージが強くなってきた・・・といいたいところだが、本番後に涙ぐんだりする「ウブっぽさ」は健在である。
    わりとすんなりAV界に溶け込んでいく「元芸能人」が多い中で、彼女にはいまだに知らない男とセックスすることへの「抵抗感」が感じられる。
    でも、その「抵抗感」こそが、他のAV女優にはない「範田紗々独特の魅力」なのだ。
    タイトルの「ねっとり絶頂FUCK」には程遠い内容だが、彼女には彼女のエロスがある。
タイトルとURLをコピーしました