芸能人 範田紗々の超高級ソープ嬢

ソープ史上最高傑作!
ぷるるんIcup・紗々嬢の極エロソープ技が炸裂!
パイズリ、観音開き、即尺、即マン、くぐり椅子プレイ、ローションマットプレイなど…。
臨場感たっぷりのバーチャル主観映像で、紗々嬢のエッチをじっくりお楽しみ下さい!
★アダルトブック「範田紗々写真集」の商品ご購入はこちらから★

レビューを見る

購入・お申し込みはこちら

コメント

  1. かわいい

    抜きどころはないがかわいいので許す。

    しかしあのおっぱいは偽者なのか?と思うくらい形がいい。

    だまされたと見てみれば。

  2. かわいい

    "芸能人"はソープものによく合います。

    範田嬢は小柄で非常にかわいらしい。

    正常位の際にはその乳が気になるが、他ではさして気にならない。

    フェラもかわいく、全体的にがんばりが伝わってくる。

  3. コメントしにくいです

    正直面白くもなんともありません。

    ちょっと興味本位で乳鑑賞をしてみたって感じです。

    ローションでテカってる乳は偽乳であっても見栄えはします。

  4. aar32さん より:
    ソープのお姉さんのほうがいい法則

    ソープものは実技指導のお姉さんこそが一番のお勧めではないかという法則があるんじゃないかとおもうぐらいこれも本編よりもソープのお姉さんのほうがお勧め。

    それはともかく、ソープものなのでカラミのバリエーションが限られているのだから、せめておっぱいをがしがし揉むとか見所を作ってくれてもいいような気がするが、なんかおっかなびっくり触っているようでいまいち盛り上がらない。

  5. 「乳」よりも不自然な範田紗々の「表情」

    現役ソープ嬢から「伝授」されたテクニックを男優相手に披露するというソープモノの王道中の王道的なつくりである。
    「王道」というのは「なんのひねりもない」という意味でもあるのだが。
    冒頭の不自然なやり取りもそうだが、範田紗々の特徴としていつも「目が笑ってない」のは気になる。
    「乳が不自然」というのはデビュー以来常に言われている事だが、それと同じくらい「表情が不自然」なのだ。
    もっとも、批判的な事ばかり書いたが、ちょっと前まで「現役のアイドル」だった彼女が「ソープもの」に出ている意義は大きい。
    アナル越しに見る元芸能人のイキ顔はそれなりにぐっとくるものがある。
  6. そーぷモノ…

    ○アイドル紗々ちゃんが泡姫だったら…。
    レクチャー編の眞雪ゆん嬢とのカラミがエロい。

    ×発射シーンが???レクチャー編がもう少し長かったら。

  7. ぶりぶり

    ちょっと久しぶりに見たこのシリーズ、彼女ともご無沙汰なので、どうかと思ったが、こんなにぶりぶりだったけ?ちょっと、パリスOルトン並みに勘違いが激しいなと言うのが冒頭10分位のおしゃべり。
    ソープ嬢をアイドルと勘違いしてる。
    SODはどうもナナちゃん以来甘やかすのが好きでどの子もアイドル面するのが、面はゆく、苦々しく思うのは変かな。
    とりあえず、女優にへつらわないでモザイクなんとかしろと思います。
    かつては、インディーズの先駆者だったけど、今じゃ、見る影ないよ
  8. だんだんと

    こなれてきた感じが伝わってきますね。

    もともとキュートな方なので、ソープ嬢としても

    キュートに着地しています。
    もっともっとこれから

    色気が出てくると、さらにいいかもしれないですね。

    彼女に泡はよく似合います。

タイトルとURLをコピーしました