完成! 即イキプッシー芸能人四宮ありすの乳首/膣中/クリ 3大性感覚醒 ぶっちぎり大絶頂SEX

もともとイキやすい体質と語る本物芸能人‘四宮ありす’が乳首、クリ、Gスポットの3大性感帯をあの手この手で責められ、更に焦らされ、ネクストステージの快感ゾーンに到達する!
仰け反りながら絶頂し、遂には痙攣しながら快楽潮ブッシャー!
可愛さが売りだった女性タレントがここまで下品にイキ狂う。
今作でしか見られないどんどん性感が覚醒していくエロス映像をお楽しみください!
※ 配信方法によって収録内容が異なる場合があります。
特集 最新作やセール商品など、お得な情報満載の『エスワン ナンバーワンスタイル』はこちら!

レビューを見る

購入・お申し込みはこちら

サンプル動画

サンプル画像

クリックすると大きな画像で表示します。

購入・お申し込みはこちら

コメント

  1. イキ、喘ぎの芸能人四宮ありすって新しい発見かも?

    もともとイキやすい体質と語る本物芸能人‘四宮ありす’が乳首、クリ、Gスポットの3大性感帯をあの手この手で責められ、更に焦らされ、ネクストステージの快感ゾーンに到達する!

    仰け反りながら絶頂し、遂には痙攣しながら快楽潮ブッシャー!

    可愛さが売りだった女性タレントがここまで下品にイキ狂う。

    今作でしか見られないどんどん性感が覚醒していくエロス映像をお楽しみください!

    【コメント】
    デビューからずっと〈芸能人〉と謳っているけど、存じ上げないんでよく知らないって人も多いと思います。

    タレントだったという経歴はまぁ良しとして、話が逸れてしまいましたが、四宮ありすの乳首、クリトリス、Gスポットを攻めまくる内容になっています。

    3大性感帯をあの手この手で攻められては喘ぎまくってイキまくってのオンパレードです!

    芸能人だからというスタンスではなく、平等に女優スタンスで売り出せば良いと思うね。

  2. セックス中は「(ほぼ)ずっと全裸」へ覚悟の方針転換

    タレント出身のDカップ女優「四宮ありす」のAVデビュー第4弾。
    北海道出身の25歳。
    旧芸名は「結〇りおな」。
    素人時代に動画配信サイト(ニ〇ニコ動画)で活動開始。
    2014年に大手芸能事務所(アミ〇ーズ)が主催する新人発掘オーディションでファイナリストに選出される(当時〇6歳)。
    以降は、現役の女子校生タレントとして地上波のバラエティー番組へ多数出演。
    2022年11月にAVデビューを発表。
    作品を重ねるたびに洗練されていくルックスは、さすが元地上波タレント(ダイヤの原石)である。
    今回は「性感開発」「エロス覚醒」がテーマ。
    事前に「3週間の禁欲生活」を課した上で、本番シーンでは「乳首」「膣中」「クリ」の3大スポットを中心に責める。
    「乳首露出NG」だったデビュー作を考えると、序盤で乳首イキは、なかなかの方針転換。
    「ローター→手マン」の大量失禁を挟んで、前半は、両乳首をギュッとつまみながらのマニアックな全裸FUCK。
    「イキ過ぎて立ってるのもしんどい」と思わず本音が漏れるありす嬢。
    フィニッシュはビュルビュルと顔射。
    さらに、中盤は「クリ」への刺激を意識した顔射FUCK。
    「ヤバイ、ヤバイって」とガチの泣き顔。
    そして、後半は、効果抜群のオイルをたっぷりと垂らしたぬるぬる全裸3P。
    まだ20代のタレントマ〇コへ延々と勃起チ〇ポを挿入する大絶頂セックス。
    顔射の重ね掛けで「濃厚ザーメンパック」の完成である。
    「あの頃」の彼女を知るファンにとっては「信じ難い光景」といえる。
    オープニングの着衣インタビュー以降は(数回の衣装チェンジはあるが)「基本的にずっと全裸」の見事な脱ぎっぷりを見せてくれる彼女。
    ケツ穴(肛門)もガッツリと露出するスタイル。
    タレントからAV女優へ25歳の本気。
  3. 安定の可愛さなんだけどさ

    左胸にファンデーション塗って何か隠してるのが終始気になった。
  4. 見事なイキっぷり

    期待を超える見事なイキっぷりである。
    なりふり構わず、追撃されて連続絶頂してます。
    ヌケる作品です。
  5. 安定の可愛さなんだけどさ

    左胸にファンデーション塗って何か隠してるのが終始気になった。
  6. 名作では?今まで緊張でイケて無かったのか、戦略だったのか…

    は本人とスタッフしか解らない。
    ただタイトルとプレイ内容が一致していない。
    乳首にクリーム(一応媚薬)を塗って刺激しただけでイキそうになり…覚醒はじめから済んでませんか?とか、クリトリスに焦点を当てるパートでもローター1個のみで、クンニ責めも絶頂1回分だけ、Gスポットパートはまあそれなりではありましたが、3Pやりましたとしか…。

     他の方が他作品で述べていましたが、見た目セックスアピールが足りない感じで、子供をギュッとしてあげたくなる感じというか、多くいる女優さんの中この娘を選んでHしたいか、と質問されると、う~ん今後視聴は無いかな?と思っていましたが…。
    その考えは50分経過した辺りから覆されることになります。

     最初と次の途中まで45分経過位まで寸止めが続き、一部のロリ路線の人にしかウケないかなあ?と思いながら見ていました。

     で、ようやく初めて逝く事となるんですが、思いの外大きい痙攣!
    そして、毎回絶頂する度に大なり小なり痙攣を伴いながら逝く。
    その頃には顔が赤みを帯びてきて、AVとして見られる様になってきました。

     クリトリスパートではウーマナイザーか最低電マかローター2個は登場してほしかったですが、1回絶頂するまではなんかそそらない、可愛いだけの感じなんですが、逝き始めると問題なくなりました。
    悪魔でも私見ですけど。

     絶頂時に毎回足か上半身か全身が痙攣するんですが、時々海老反り状態、ブリッジ状態になるのが美しかった。

     Gスポットパートの本番の道中では一時「イク」の言葉もおぼつかなくなり、痙攣というより、ヒキツケ?(息がヒックヒックとなっている状態での痙攣逝きといえばいいのかな)の瞬間が見応え有りました。

     ラストはあえぎ声というより呻き声からの泣き声からの再び呻き声、て感じで、何を言っているのか判らない状態でした。

     絡み後のインタビューはなしで、彼女の引き画面からのモノクロでの撤収作業が20秒程流されENDです。

     寸止めシーンが長かった為、絶頂回数50回、内本番での絶頂37回、たまたま追撃が数秒1回のみと、数は特別とまではいきませんが、本気で逝った時毎回あの痙攣が付いてくるなら、扱いは大変だけど(動いてしまうので追撃そのものが難しそう)トップの仲間入りもあるかも?
     タイトルに沿ってなければ必ず減点していたんですが、自分の見応えを優先させていただきました。

  7. 名作では?今まで緊張でイケて無かったのか、戦略だったのか…

    は本人とスタッフしか解らない。
    ただタイトルとプレイ内容が一致していない。
    乳首にクリーム(一応媚薬)を塗って刺激しただけでイキそうになり…覚醒はじめから済んでませんか?とか、クリトリスに焦点を当てるパートでもローター1個のみで、クンニ責めも絶頂1回分だけ、Gスポットパートはまあそれなりではありましたが、3Pやりましたとしか…。

     他の方が他作品で述べていましたが、見た目セックスアピールが足りない感じで、子供をギュッとしてあげたくなる感じというか、多くいる女優さんの中この娘を選んでHしたいか、と質問されると、う~ん今後視聴は無いかな?と思っていましたが…。
    その考えは50分経過した辺りから覆されることになります。

     最初と次の途中まで45分経過位まで寸止めが続き、一部のロリ路線の人にしかウケないかなあ?と思いながら見ていました。

     で、ようやく初めて逝く事となるんですが、思いの外大きい痙攣!
    そして、毎回絶頂する度に大なり小なり痙攣を伴いながら逝く。
    その頃には顔が赤みを帯びてきて、AVとして見られる様になってきました。

     クリトリスパートではウーマナイザーか最低電マかローター2個は登場してほしかったですが、1回絶頂するまではなんかそそらない、可愛いだけの感じなんですが、逝き始めると問題なくなりました。
    悪魔でも私見ですけど。

     絶頂時に毎回足か上半身か全身が痙攣するんですが、時々海老反り状態、ブリッジ状態になるのが美しかった。

     Gスポットパートの本番の道中では一時「イク」の言葉もおぼつかなくなり、痙攣というより、ヒキツケ?(息がヒックヒックとなっている状態での痙攣逝きといえばいいのかな)の瞬間が見応え有りました。

     ラストはあえぎ声というより呻き声からの泣き声からの再び呻き声、て感じで、何を言っているのか判らない状態でした。

     絡み後のインタビューはなしで、彼女の引き画面からのモノクロでの撤収作業が20秒程流されENDです。

     寸止めシーンが長かった為、絶頂回数50回、内本番での絶頂37回、たまたま追撃が数秒1回のみと、数は特別とまではいきませんが、本気で逝った時毎回あの痙攣が付いてくるなら、扱いは大変だけど(動いてしまうので追撃そのものが難しそう)トップの仲間入りもあるかも?
     タイトルに沿ってなければ必ず減点していたんですが、自分の見応えを優先させていただきました。

  8. 覚醒して一皮むけたか!?

    元芸能人だけに業界特有の「可愛がり保護期間」があるのかもしれない四宮ありす。
    ただ、今回は「覚醒」シリーズだけに屈強な男優陣に攻められまくりの、イキまくり!
    アニメ声の単調な喘ぎがわざとらしいとはいえ、ようやくAVらしい抜ける作品になってきた!
  9. 覚醒して一皮むけたか!?

    元芸能人だけに業界特有の「可愛がり保護期間」があるのかもしれない四宮ありす。
    ただ、今回は「覚醒」シリーズだけに屈強な男優陣に攻められまくりの、イキまくり!
    アニメ声の単調な喘ぎがわざとらしいとはいえ、ようやくAVらしい抜ける作品になってきた!
  10. セックス中は「(ほぼ)ずっと全裸」へ覚悟の方針転換

    タレント出身のDカップ女優「四宮ありす」のAVデビュー第4弾。
    北海道出身の25歳。
    旧芸名は「結〇りおな」。
    素人時代に動画配信サイト(ニ〇ニコ動画)で活動開始。
    2014年に大手芸能事務所(アミ〇ーズ)が主催する新人発掘オーディションでファイナリストに選出される(当時〇6歳)。
    以降は、現役の女子校生タレントとして地上波のバラエティー番組へ多数出演。
    2022年11月にAVデビューを発表。
    作品を重ねるたびに洗練されていくルックスは、さすが元地上波タレント(ダイヤの原石)である。
    今回は「性感開発」「エロス覚醒」がテーマ。
    事前に「3週間の禁欲生活」を課した上で、本番シーンでは「乳首」「膣中」「クリ」の3大スポットを中心に責める。
    「乳首露出NG」だったデビュー作を考えると、序盤で乳首イキは、なかなかの方針転換。
    「ローター→手マン」の大量失禁を挟んで、前半は、両乳首をギュッとつまみながらのマニアックな全裸FUCK。
    「イキ過ぎて立ってるのもしんどい」と思わず本音が漏れるありす嬢。
    フィニッシュはビュルビュルと顔射。
    さらに、中盤は「クリ」への刺激を意識した顔射FUCK。
    「ヤバイ、ヤバイって」とガチの泣き顔。
    そして、後半は、効果抜群のオイルをたっぷりと垂らしたぬるぬる全裸3P。
    まだ20代のタレントマ〇コへ延々と勃起チ〇ポを挿入する大絶頂セックス。
    顔射の重ね掛けで「濃厚ザーメンパック」の完成である。
    「あの頃」の彼女を知るファンにとっては「信じ難い光景」といえる。
    オープニングの着衣インタビュー以降は(数回の衣装チェンジはあるが)「基本的にずっと全裸」の見事な脱ぎっぷりを見せてくれる彼女。
    ケツ穴(肛門)もガッツリと露出するスタイル。
    タレントからAV女優へ25歳の本気。
  11. イキ、喘ぎの芸能人四宮ありすって新しい発見かも?

    もともとイキやすい体質と語る本物芸能人‘四宮ありす’が乳首、クリ、Gスポットの3大性感帯をあの手この手で責められ、更に焦らされ、ネクストステージの快感ゾーンに到達する!

    仰け反りながら絶頂し、遂には痙攣しながら快楽潮ブッシャー!

    可愛さが売りだった女性タレントがここまで下品にイキ狂う。

    今作でしか見られないどんどん性感が覚醒していくエロス映像をお楽しみください!

    【コメント】
    デビューからずっと〈芸能人〉と謳っているけど、存じ上げないんでよく知らないって人も多いと思います。

    タレントだったという経歴はまぁ良しとして、話が逸れてしまいましたが、四宮ありすの乳首、クリトリス、Gスポットを攻めまくる内容になっています。

    3大性感帯をあの手この手で攻められては喘ぎまくってイキまくってのオンパレードです!

    芸能人だからというスタンスではなく、平等に女優スタンスで売り出せば良いと思うね。

  12. 見事なイキっぷり

    期待を超える見事なイキっぷりである。
    なりふり構わず、追撃されて連続絶頂してます。
    ヌケる作品です。
  13. セックス中は「(ほぼ)ずっと全裸」へ覚悟の方針転換

    タレント出身のDカップ女優「四宮ありす」のAVデビュー第4弾。
    北海道出身の25歳。
    旧芸名は「結〇りおな」。
    素人時代に動画配信サイト(ニ〇ニコ動画)で活動開始。
    2014年に大手芸能事務所(アミ〇ーズ)が主催する新人発掘オーディションでファイナリストに選出される(当時〇6歳)。
    以降は、現役の女子校生タレントとして地上波のバラエティー番組へ多数出演。
    2022年11月にAVデビューを発表。
    作品を重ねるたびに洗練されていくルックスは、さすが元地上波タレント(ダイヤの原石)である。
    今回は「性感開発」「エロス覚醒」がテーマ。
    事前に「3週間の禁欲生活」を課した上で、本番シーンでは「乳首」「膣中」「クリ」の3大スポットを中心に責める。
    「乳首露出NG」だったデビュー作を考えると、序盤で乳首イキは、なかなかの方針転換。
    「ローター→手マン」の大量失禁を挟んで、前半は、両乳首をギュッとつまみながらのマニアックな全裸FUCK。
    「イキ過ぎて立ってるのもしんどい」と思わず本音が漏れるありす嬢。
    フィニッシュはビュルビュルと顔射。
    さらに、中盤は「クリ」への刺激を意識した顔射FUCK。
    「ヤバイ、ヤバイって」とガチの泣き顔。
    そして、後半は、効果抜群のオイルをたっぷりと垂らしたぬるぬる全裸3P。
    まだ20代のタレントマ〇コへ延々と勃起チ〇ポを挿入する大絶頂セックス。
    顔射の重ね掛けで「濃厚ザーメンパック」の完成である。
    「あの頃」の彼女を知るファンにとっては「信じ難い光景」といえる。
    オープニングの着衣インタビュー以降は(数回の衣装チェンジはあるが)「基本的にずっと全裸」の見事な脱ぎっぷりを見せてくれる彼女。
    ケツ穴(肛門)もガッツリと露出するスタイル。
    タレントからAV女優へ25歳の本気。
  14. 見事なイキっぷり

    期待を超える見事なイキっぷりである。
    なりふり構わず、追撃されて連続絶頂してます。
    ヌケる作品です。
  15. 見事なイキっぷり

    期待を超える見事なイキっぷりである。
    なりふり構わず、追撃されて連続絶頂してます。
    ヌケる作品です。
  16. 名作では?今まで緊張でイケて無かったのか、戦略だったのか…

    は本人とスタッフしか解らない。
    ただタイトルとプレイ内容が一致していない。
    乳首にクリーム(一応媚薬)を塗って刺激しただけでイキそうになり…覚醒はじめから済んでませんか?とか、クリトリスに焦点を当てるパートでもローター1個のみで、クンニ責めも絶頂1回分だけ、Gスポットパートはまあそれなりではありましたが、3Pやりましたとしか…。

     他の方が他作品で述べていましたが、見た目セックスアピールが足りない感じで、子供をギュッとしてあげたくなる感じというか、多くいる女優さんの中この娘を選んでHしたいか、と質問されると、う~ん今後視聴は無いかな?と思っていましたが…。
    その考えは50分経過した辺りから覆されることになります。

     最初と次の途中まで45分経過位まで寸止めが続き、一部のロリ路線の人にしかウケないかなあ?と思いながら見ていました。

     で、ようやく初めて逝く事となるんですが、思いの外大きい痙攣!
    そして、毎回絶頂する度に大なり小なり痙攣を伴いながら逝く。
    その頃には顔が赤みを帯びてきて、AVとして見られる様になってきました。

     クリトリスパートではウーマナイザーか最低電マかローター2個は登場してほしかったですが、1回絶頂するまではなんかそそらない、可愛いだけの感じなんですが、逝き始めると問題なくなりました。
    悪魔でも私見ですけど。

     絶頂時に毎回足か上半身か全身が痙攣するんですが、時々海老反り状態、ブリッジ状態になるのが美しかった。

     Gスポットパートの本番の道中では一時「イク」の言葉もおぼつかなくなり、痙攣というより、ヒキツケ?(息がヒックヒックとなっている状態での痙攣逝きといえばいいのかな)の瞬間が見応え有りました。

     ラストはあえぎ声というより呻き声からの泣き声からの再び呻き声、て感じで、何を言っているのか判らない状態でした。

     絡み後のインタビューはなしで、彼女の引き画面からのモノクロでの撤収作業が20秒程流されENDです。

     寸止めシーンが長かった為、絶頂回数50回、内本番での絶頂37回、たまたま追撃が数秒1回のみと、数は特別とまではいきませんが、本気で逝った時毎回あの痙攣が付いてくるなら、扱いは大変だけど(動いてしまうので追撃そのものが難しそう)トップの仲間入りもあるかも?
     タイトルに沿ってなければ必ず減点していたんですが、自分の見応えを優先させていただきました。

  17. イキ、喘ぎの芸能人四宮ありすって新しい発見かも?

    もともとイキやすい体質と語る本物芸能人‘四宮ありす’が乳首、クリ、Gスポットの3大性感帯をあの手この手で責められ、更に焦らされ、ネクストステージの快感ゾーンに到達する!

    仰け反りながら絶頂し、遂には痙攣しながら快楽潮ブッシャー!

    可愛さが売りだった女性タレントがここまで下品にイキ狂う。

    今作でしか見られないどんどん性感が覚醒していくエロス映像をお楽しみください!

    【コメント】
    デビューからずっと〈芸能人〉と謳っているけど、存じ上げないんでよく知らないって人も多いと思います。

    タレントだったという経歴はまぁ良しとして、話が逸れてしまいましたが、四宮ありすの乳首、クリトリス、Gスポットを攻めまくる内容になっています。

    3大性感帯をあの手この手で攻められては喘ぎまくってイキまくってのオンパレードです!

    芸能人だからというスタンスではなく、平等に女優スタンスで売り出せば良いと思うね。

  18. 安定の可愛さなんだけどさ

    左胸にファンデーション塗って何か隠してるのが終始気になった。
  19. 覚醒して一皮むけたか!?

    元芸能人だけに業界特有の「可愛がり保護期間」があるのかもしれない四宮ありす。
    ただ、今回は「覚醒」シリーズだけに屈強な男優陣に攻められまくりの、イキまくり!
    アニメ声の単調な喘ぎがわざとらしいとはいえ、ようやくAVらしい抜ける作品になってきた!
  20. 覚醒して一皮むけたか!?

    元芸能人だけに業界特有の「可愛がり保護期間」があるのかもしれない四宮ありす。
    ただ、今回は「覚醒」シリーズだけに屈強な男優陣に攻められまくりの、イキまくり!
    アニメ声の単調な喘ぎがわざとらしいとはいえ、ようやくAVらしい抜ける作品になってきた!
  21. 安定の可愛さなんだけどさ

    左胸にファンデーション塗って何か隠してるのが終始気になった。
  22. イキ、喘ぎの芸能人四宮ありすって新しい発見かも?

    もともとイキやすい体質と語る本物芸能人‘四宮ありす’が乳首、クリ、Gスポットの3大性感帯をあの手この手で責められ、更に焦らされ、ネクストステージの快感ゾーンに到達する!

    仰け反りながら絶頂し、遂には痙攣しながら快楽潮ブッシャー!

    可愛さが売りだった女性タレントがここまで下品にイキ狂う。

    今作でしか見られないどんどん性感が覚醒していくエロス映像をお楽しみください!

    【コメント】
    デビューからずっと〈芸能人〉と謳っているけど、存じ上げないんでよく知らないって人も多いと思います。

    タレントだったという経歴はまぁ良しとして、話が逸れてしまいましたが、四宮ありすの乳首、クリトリス、Gスポットを攻めまくる内容になっています。

    3大性感帯をあの手この手で攻められては喘ぎまくってイキまくってのオンパレードです!

    芸能人だからというスタンスではなく、平等に女優スタンスで売り出せば良いと思うね。

  23. セックス中は「(ほぼ)ずっと全裸」へ覚悟の方針転換

    タレント出身のDカップ女優「四宮ありす」のAVデビュー第4弾。
    北海道出身の25歳。
    旧芸名は「結〇りおな」。
    素人時代に動画配信サイト(ニ〇ニコ動画)で活動開始。
    2014年に大手芸能事務所(アミ〇ーズ)が主催する新人発掘オーディションでファイナリストに選出される(当時〇6歳)。
    以降は、現役の女子校生タレントとして地上波のバラエティー番組へ多数出演。
    2022年11月にAVデビューを発表。
    作品を重ねるたびに洗練されていくルックスは、さすが元地上波タレント(ダイヤの原石)である。
    今回は「性感開発」「エロス覚醒」がテーマ。
    事前に「3週間の禁欲生活」を課した上で、本番シーンでは「乳首」「膣中」「クリ」の3大スポットを中心に責める。
    「乳首露出NG」だったデビュー作を考えると、序盤で乳首イキは、なかなかの方針転換。
    「ローター→手マン」の大量失禁を挟んで、前半は、両乳首をギュッとつまみながらのマニアックな全裸FUCK。
    「イキ過ぎて立ってるのもしんどい」と思わず本音が漏れるありす嬢。
    フィニッシュはビュルビュルと顔射。
    さらに、中盤は「クリ」への刺激を意識した顔射FUCK。
    「ヤバイ、ヤバイって」とガチの泣き顔。
    そして、後半は、効果抜群のオイルをたっぷりと垂らしたぬるぬる全裸3P。
    まだ20代のタレントマ〇コへ延々と勃起チ〇ポを挿入する大絶頂セックス。
    顔射の重ね掛けで「濃厚ザーメンパック」の完成である。
    「あの頃」の彼女を知るファンにとっては「信じ難い光景」といえる。
    オープニングの着衣インタビュー以降は(数回の衣装チェンジはあるが)「基本的にずっと全裸」の見事な脱ぎっぷりを見せてくれる彼女。
    ケツ穴(肛門)もガッツリと露出するスタイル。
    タレントからAV女優へ25歳の本気。
  24. 名作では?今まで緊張でイケて無かったのか、戦略だったのか…

    は本人とスタッフしか解らない。
    ただタイトルとプレイ内容が一致していない。
    乳首にクリーム(一応媚薬)を塗って刺激しただけでイキそうになり…覚醒はじめから済んでませんか?とか、クリトリスに焦点を当てるパートでもローター1個のみで、クンニ責めも絶頂1回分だけ、Gスポットパートはまあそれなりではありましたが、3Pやりましたとしか…。

     他の方が他作品で述べていましたが、見た目セックスアピールが足りない感じで、子供をギュッとしてあげたくなる感じというか、多くいる女優さんの中この娘を選んでHしたいか、と質問されると、う~ん今後視聴は無いかな?と思っていましたが…。
    その考えは50分経過した辺りから覆されることになります。

     最初と次の途中まで45分経過位まで寸止めが続き、一部のロリ路線の人にしかウケないかなあ?と思いながら見ていました。

     で、ようやく初めて逝く事となるんですが、思いの外大きい痙攣!
    そして、毎回絶頂する度に大なり小なり痙攣を伴いながら逝く。
    その頃には顔が赤みを帯びてきて、AVとして見られる様になってきました。

     クリトリスパートではウーマナイザーか最低電マかローター2個は登場してほしかったですが、1回絶頂するまではなんかそそらない、可愛いだけの感じなんですが、逝き始めると問題なくなりました。
    悪魔でも私見ですけど。

     絶頂時に毎回足か上半身か全身が痙攣するんですが、時々海老反り状態、ブリッジ状態になるのが美しかった。

     Gスポットパートの本番の道中では一時「イク」の言葉もおぼつかなくなり、痙攣というより、ヒキツケ?(息がヒックヒックとなっている状態での痙攣逝きといえばいいのかな)の瞬間が見応え有りました。

     ラストはあえぎ声というより呻き声からの泣き声からの再び呻き声、て感じで、何を言っているのか判らない状態でした。

     絡み後のインタビューはなしで、彼女の引き画面からのモノクロでの撤収作業が20秒程流されENDです。

     寸止めシーンが長かった為、絶頂回数50回、内本番での絶頂37回、たまたま追撃が数秒1回のみと、数は特別とまではいきませんが、本気で逝った時毎回あの痙攣が付いてくるなら、扱いは大変だけど(動いてしまうので追撃そのものが難しそう)トップの仲間入りもあるかも?
     タイトルに沿ってなければ必ず減点していたんですが、自分の見応えを優先させていただきました。

  25. イキ、喘ぎの芸能人四宮ありすって新しい発見かも?

    もともとイキやすい体質と語る本物芸能人‘四宮ありす’が乳首、クリ、Gスポットの3大性感帯をあの手この手で責められ、更に焦らされ、ネクストステージの快感ゾーンに到達する!

    仰け反りながら絶頂し、遂には痙攣しながら快楽潮ブッシャー!

    可愛さが売りだった女性タレントがここまで下品にイキ狂う。

    今作でしか見られないどんどん性感が覚醒していくエロス映像をお楽しみください!

    【コメント】
    デビューからずっと〈芸能人〉と謳っているけど、存じ上げないんでよく知らないって人も多いと思います。

    タレントだったという経歴はまぁ良しとして、話が逸れてしまいましたが、四宮ありすの乳首、クリトリス、Gスポットを攻めまくる内容になっています。

    3大性感帯をあの手この手で攻められては喘ぎまくってイキまくってのオンパレードです!

    芸能人だからというスタンスではなく、平等に女優スタンスで売り出せば良いと思うね。

  26. 覚醒して一皮むけたか!?

    元芸能人だけに業界特有の「可愛がり保護期間」があるのかもしれない四宮ありす。
    ただ、今回は「覚醒」シリーズだけに屈強な男優陣に攻められまくりの、イキまくり!
    アニメ声の単調な喘ぎがわざとらしいとはいえ、ようやくAVらしい抜ける作品になってきた!
  27. セックス中は「(ほぼ)ずっと全裸」へ覚悟の方針転換

    タレント出身のDカップ女優「四宮ありす」のAVデビュー第4弾。
    北海道出身の25歳。
    旧芸名は「結〇りおな」。
    素人時代に動画配信サイト(ニ〇ニコ動画)で活動開始。
    2014年に大手芸能事務所(アミ〇ーズ)が主催する新人発掘オーディションでファイナリストに選出される(当時〇6歳)。
    以降は、現役の女子校生タレントとして地上波のバラエティー番組へ多数出演。
    2022年11月にAVデビューを発表。
    作品を重ねるたびに洗練されていくルックスは、さすが元地上波タレント(ダイヤの原石)である。
    今回は「性感開発」「エロス覚醒」がテーマ。
    事前に「3週間の禁欲生活」を課した上で、本番シーンでは「乳首」「膣中」「クリ」の3大スポットを中心に責める。
    「乳首露出NG」だったデビュー作を考えると、序盤で乳首イキは、なかなかの方針転換。
    「ローター→手マン」の大量失禁を挟んで、前半は、両乳首をギュッとつまみながらのマニアックな全裸FUCK。
    「イキ過ぎて立ってるのもしんどい」と思わず本音が漏れるありす嬢。
    フィニッシュはビュルビュルと顔射。
    さらに、中盤は「クリ」への刺激を意識した顔射FUCK。
    「ヤバイ、ヤバイって」とガチの泣き顔。
    そして、後半は、効果抜群のオイルをたっぷりと垂らしたぬるぬる全裸3P。
    まだ20代のタレントマ〇コへ延々と勃起チ〇ポを挿入する大絶頂セックス。
    顔射の重ね掛けで「濃厚ザーメンパック」の完成である。
    「あの頃」の彼女を知るファンにとっては「信じ難い光景」といえる。
    オープニングの着衣インタビュー以降は(数回の衣装チェンジはあるが)「基本的にずっと全裸」の見事な脱ぎっぷりを見せてくれる彼女。
    ケツ穴(肛門)もガッツリと露出するスタイル。
    タレントからAV女優へ25歳の本気。
  28. 安定の可愛さなんだけどさ

    左胸にファンデーション塗って何か隠してるのが終始気になった。
  29. 見事なイキっぷり

    期待を超える見事なイキっぷりである。
    なりふり構わず、追撃されて連続絶頂してます。
    ヌケる作品です。
  30. 名作では?今まで緊張でイケて無かったのか、戦略だったのか…

    は本人とスタッフしか解らない。
    ただタイトルとプレイ内容が一致していない。
    乳首にクリーム(一応媚薬)を塗って刺激しただけでイキそうになり…覚醒はじめから済んでませんか?とか、クリトリスに焦点を当てるパートでもローター1個のみで、クンニ責めも絶頂1回分だけ、Gスポットパートはまあそれなりではありましたが、3Pやりましたとしか…。

     他の方が他作品で述べていましたが、見た目セックスアピールが足りない感じで、子供をギュッとしてあげたくなる感じというか、多くいる女優さんの中この娘を選んでHしたいか、と質問されると、う~ん今後視聴は無いかな?と思っていましたが…。
    その考えは50分経過した辺りから覆されることになります。

     最初と次の途中まで45分経過位まで寸止めが続き、一部のロリ路線の人にしかウケないかなあ?と思いながら見ていました。

     で、ようやく初めて逝く事となるんですが、思いの外大きい痙攣!
    そして、毎回絶頂する度に大なり小なり痙攣を伴いながら逝く。
    その頃には顔が赤みを帯びてきて、AVとして見られる様になってきました。

     クリトリスパートではウーマナイザーか最低電マかローター2個は登場してほしかったですが、1回絶頂するまではなんかそそらない、可愛いだけの感じなんですが、逝き始めると問題なくなりました。
    悪魔でも私見ですけど。

     絶頂時に毎回足か上半身か全身が痙攣するんですが、時々海老反り状態、ブリッジ状態になるのが美しかった。

     Gスポットパートの本番の道中では一時「イク」の言葉もおぼつかなくなり、痙攣というより、ヒキツケ?(息がヒックヒックとなっている状態での痙攣逝きといえばいいのかな)の瞬間が見応え有りました。

     ラストはあえぎ声というより呻き声からの泣き声からの再び呻き声、て感じで、何を言っているのか判らない状態でした。

     絡み後のインタビューはなしで、彼女の引き画面からのモノクロでの撤収作業が20秒程流されENDです。

     寸止めシーンが長かった為、絶頂回数50回、内本番での絶頂37回、たまたま追撃が数秒1回のみと、数は特別とまではいきませんが、本気で逝った時毎回あの痙攣が付いてくるなら、扱いは大変だけど(動いてしまうので追撃そのものが難しそう)トップの仲間入りもあるかも?
     タイトルに沿ってなければ必ず減点していたんですが、自分の見応えを優先させていただきました。

  31. セックス中は「(ほぼ)ずっと全裸」へ覚悟の方針転換

    タレント出身のDカップ女優「四宮ありす」のAVデビュー第4弾。
    北海道出身の25歳。
    旧芸名は「結〇りおな」。
    素人時代に動画配信サイト(ニ〇ニコ動画)で活動開始。
    2014年に大手芸能事務所(アミ〇ーズ)が主催する新人発掘オーディションでファイナリストに選出される(当時〇6歳)。
    以降は、現役の女子校生タレントとして地上波のバラエティー番組へ多数出演。
    2022年11月にAVデビューを発表。
    作品を重ねるたびに洗練されていくルックスは、さすが元地上波タレント(ダイヤの原石)である。
    今回は「性感開発」「エロス覚醒」がテーマ。
    事前に「3週間の禁欲生活」を課した上で、本番シーンでは「乳首」「膣中」「クリ」の3大スポットを中心に責める。
    「乳首露出NG」だったデビュー作を考えると、序盤で乳首イキは、なかなかの方針転換。
    「ローター→手マン」の大量失禁を挟んで、前半は、両乳首をギュッとつまみながらのマニアックな全裸FUCK。
    「イキ過ぎて立ってるのもしんどい」と思わず本音が漏れるありす嬢。
    フィニッシュはビュルビュルと顔射。
    さらに、中盤は「クリ」への刺激を意識した顔射FUCK。
    「ヤバイ、ヤバイって」とガチの泣き顔。
    そして、後半は、効果抜群のオイルをたっぷりと垂らしたぬるぬる全裸3P。
    まだ20代のタレントマ〇コへ延々と勃起チ〇ポを挿入する大絶頂セックス。
    顔射の重ね掛けで「濃厚ザーメンパック」の完成である。
    「あの頃」の彼女を知るファンにとっては「信じ難い光景」といえる。
    オープニングの着衣インタビュー以降は(数回の衣装チェンジはあるが)「基本的にずっと全裸」の見事な脱ぎっぷりを見せてくれる彼女。
    ケツ穴(肛門)もガッツリと露出するスタイル。
    タレントからAV女優へ25歳の本気。
  32. 覚醒して一皮むけたか!?

    元芸能人だけに業界特有の「可愛がり保護期間」があるのかもしれない四宮ありす。
    ただ、今回は「覚醒」シリーズだけに屈強な男優陣に攻められまくりの、イキまくり!
    アニメ声の単調な喘ぎがわざとらしいとはいえ、ようやくAVらしい抜ける作品になってきた!
  33. 安定の可愛さなんだけどさ

    左胸にファンデーション塗って何か隠してるのが終始気になった。
  34. セックス中は「(ほぼ)ずっと全裸」へ覚悟の方針転換

    タレント出身のDカップ女優「四宮ありす」のAVデビュー第4弾。
    北海道出身の25歳。
    旧芸名は「結〇りおな」。
    素人時代に動画配信サイト(ニ〇ニコ動画)で活動開始。
    2014年に大手芸能事務所(アミ〇ーズ)が主催する新人発掘オーディションでファイナリストに選出される(当時〇6歳)。
    以降は、現役の女子校生タレントとして地上波のバラエティー番組へ多数出演。
    2022年11月にAVデビューを発表。
    作品を重ねるたびに洗練されていくルックスは、さすが元地上波タレント(ダイヤの原石)である。
    今回は「性感開発」「エロス覚醒」がテーマ。
    事前に「3週間の禁欲生活」を課した上で、本番シーンでは「乳首」「膣中」「クリ」の3大スポットを中心に責める。
    「乳首露出NG」だったデビュー作を考えると、序盤で乳首イキは、なかなかの方針転換。
    「ローター→手マン」の大量失禁を挟んで、前半は、両乳首をギュッとつまみながらのマニアックな全裸FUCK。
    「イキ過ぎて立ってるのもしんどい」と思わず本音が漏れるありす嬢。
    フィニッシュはビュルビュルと顔射。
    さらに、中盤は「クリ」への刺激を意識した顔射FUCK。
    「ヤバイ、ヤバイって」とガチの泣き顔。
    そして、後半は、効果抜群のオイルをたっぷりと垂らしたぬるぬる全裸3P。
    まだ20代のタレントマ〇コへ延々と勃起チ〇ポを挿入する大絶頂セックス。
    顔射の重ね掛けで「濃厚ザーメンパック」の完成である。
    「あの頃」の彼女を知るファンにとっては「信じ難い光景」といえる。
    オープニングの着衣インタビュー以降は(数回の衣装チェンジはあるが)「基本的にずっと全裸」の見事な脱ぎっぷりを見せてくれる彼女。
    ケツ穴(肛門)もガッツリと露出するスタイル。
    タレントからAV女優へ25歳の本気。
  35. 名作では?今まで緊張でイケて無かったのか、戦略だったのか…

    は本人とスタッフしか解らない。
    ただタイトルとプレイ内容が一致していない。
    乳首にクリーム(一応媚薬)を塗って刺激しただけでイキそうになり…覚醒はじめから済んでませんか?とか、クリトリスに焦点を当てるパートでもローター1個のみで、クンニ責めも絶頂1回分だけ、Gスポットパートはまあそれなりではありましたが、3Pやりましたとしか…。

     他の方が他作品で述べていましたが、見た目セックスアピールが足りない感じで、子供をギュッとしてあげたくなる感じというか、多くいる女優さんの中この娘を選んでHしたいか、と質問されると、う~ん今後視聴は無いかな?と思っていましたが…。
    その考えは50分経過した辺りから覆されることになります。

     最初と次の途中まで45分経過位まで寸止めが続き、一部のロリ路線の人にしかウケないかなあ?と思いながら見ていました。

     で、ようやく初めて逝く事となるんですが、思いの外大きい痙攣!
    そして、毎回絶頂する度に大なり小なり痙攣を伴いながら逝く。
    その頃には顔が赤みを帯びてきて、AVとして見られる様になってきました。

     クリトリスパートではウーマナイザーか最低電マかローター2個は登場してほしかったですが、1回絶頂するまではなんかそそらない、可愛いだけの感じなんですが、逝き始めると問題なくなりました。
    悪魔でも私見ですけど。

     絶頂時に毎回足か上半身か全身が痙攣するんですが、時々海老反り状態、ブリッジ状態になるのが美しかった。

     Gスポットパートの本番の道中では一時「イク」の言葉もおぼつかなくなり、痙攣というより、ヒキツケ?(息がヒックヒックとなっている状態での痙攣逝きといえばいいのかな)の瞬間が見応え有りました。

     ラストはあえぎ声というより呻き声からの泣き声からの再び呻き声、て感じで、何を言っているのか判らない状態でした。

     絡み後のインタビューはなしで、彼女の引き画面からのモノクロでの撤収作業が20秒程流されENDです。

     寸止めシーンが長かった為、絶頂回数50回、内本番での絶頂37回、たまたま追撃が数秒1回のみと、数は特別とまではいきませんが、本気で逝った時毎回あの痙攣が付いてくるなら、扱いは大変だけど(動いてしまうので追撃そのものが難しそう)トップの仲間入りもあるかも?
     タイトルに沿ってなければ必ず減点していたんですが、自分の見応えを優先させていただきました。

  36. 見事なイキっぷり

    期待を超える見事なイキっぷりである。
    なりふり構わず、追撃されて連続絶頂してます。
    ヌケる作品です。
  37. イキ、喘ぎの芸能人四宮ありすって新しい発見かも?

    もともとイキやすい体質と語る本物芸能人‘四宮ありす’が乳首、クリ、Gスポットの3大性感帯をあの手この手で責められ、更に焦らされ、ネクストステージの快感ゾーンに到達する!

    仰け反りながら絶頂し、遂には痙攣しながら快楽潮ブッシャー!

    可愛さが売りだった女性タレントがここまで下品にイキ狂う。

    今作でしか見られないどんどん性感が覚醒していくエロス映像をお楽しみください!

    【コメント】
    デビューからずっと〈芸能人〉と謳っているけど、存じ上げないんでよく知らないって人も多いと思います。

    タレントだったという経歴はまぁ良しとして、話が逸れてしまいましたが、四宮ありすの乳首、クリトリス、Gスポットを攻めまくる内容になっています。

    3大性感帯をあの手この手で攻められては喘ぎまくってイキまくってのオンパレードです!

    芸能人だからというスタンスではなく、平等に女優スタンスで売り出せば良いと思うね。

  38. 名作では?今まで緊張でイケて無かったのか、戦略だったのか…

    は本人とスタッフしか解らない。
    ただタイトルとプレイ内容が一致していない。
    乳首にクリーム(一応媚薬)を塗って刺激しただけでイキそうになり…覚醒はじめから済んでませんか?とか、クリトリスに焦点を当てるパートでもローター1個のみで、クンニ責めも絶頂1回分だけ、Gスポットパートはまあそれなりではありましたが、3Pやりましたとしか…。

     他の方が他作品で述べていましたが、見た目セックスアピールが足りない感じで、子供をギュッとしてあげたくなる感じというか、多くいる女優さんの中この娘を選んでHしたいか、と質問されると、う~ん今後視聴は無いかな?と思っていましたが…。
    その考えは50分経過した辺りから覆されることになります。

     最初と次の途中まで45分経過位まで寸止めが続き、一部のロリ路線の人にしかウケないかなあ?と思いながら見ていました。

     で、ようやく初めて逝く事となるんですが、思いの外大きい痙攣!
    そして、毎回絶頂する度に大なり小なり痙攣を伴いながら逝く。
    その頃には顔が赤みを帯びてきて、AVとして見られる様になってきました。

     クリトリスパートではウーマナイザーか最低電マかローター2個は登場してほしかったですが、1回絶頂するまではなんかそそらない、可愛いだけの感じなんですが、逝き始めると問題なくなりました。
    悪魔でも私見ですけど。

     絶頂時に毎回足か上半身か全身が痙攣するんですが、時々海老反り状態、ブリッジ状態になるのが美しかった。

     Gスポットパートの本番の道中では一時「イク」の言葉もおぼつかなくなり、痙攣というより、ヒキツケ?(息がヒックヒックとなっている状態での痙攣逝きといえばいいのかな)の瞬間が見応え有りました。

     ラストはあえぎ声というより呻き声からの泣き声からの再び呻き声、て感じで、何を言っているのか判らない状態でした。

     絡み後のインタビューはなしで、彼女の引き画面からのモノクロでの撤収作業が20秒程流されENDです。

     寸止めシーンが長かった為、絶頂回数50回、内本番での絶頂37回、たまたま追撃が数秒1回のみと、数は特別とまではいきませんが、本気で逝った時毎回あの痙攣が付いてくるなら、扱いは大変だけど(動いてしまうので追撃そのものが難しそう)トップの仲間入りもあるかも?
     タイトルに沿ってなければ必ず減点していたんですが、自分の見応えを優先させていただきました。

  39. 覚醒して一皮むけたか!?

    元芸能人だけに業界特有の「可愛がり保護期間」があるのかもしれない四宮ありす。
    ただ、今回は「覚醒」シリーズだけに屈強な男優陣に攻められまくりの、イキまくり!
    アニメ声の単調な喘ぎがわざとらしいとはいえ、ようやくAVらしい抜ける作品になってきた!
  40. 見事なイキっぷり

    期待を超える見事なイキっぷりである。
    なりふり構わず、追撃されて連続絶頂してます。
    ヌケる作品です。
  41. 安定の可愛さなんだけどさ

    左胸にファンデーション塗って何か隠してるのが終始気になった。
  42. イキ、喘ぎの芸能人四宮ありすって新しい発見かも?

    もともとイキやすい体質と語る本物芸能人‘四宮ありす’が乳首、クリ、Gスポットの3大性感帯をあの手この手で責められ、更に焦らされ、ネクストステージの快感ゾーンに到達する!

    仰け反りながら絶頂し、遂には痙攣しながら快楽潮ブッシャー!

    可愛さが売りだった女性タレントがここまで下品にイキ狂う。

    今作でしか見られないどんどん性感が覚醒していくエロス映像をお楽しみください!

    【コメント】
    デビューからずっと〈芸能人〉と謳っているけど、存じ上げないんでよく知らないって人も多いと思います。

    タレントだったという経歴はまぁ良しとして、話が逸れてしまいましたが、四宮ありすの乳首、クリトリス、Gスポットを攻めまくる内容になっています。

    3大性感帯をあの手この手で攻められては喘ぎまくってイキまくってのオンパレードです!

    芸能人だからというスタンスではなく、平等に女優スタンスで売り出せば良いと思うね。

  43. セックス中は「(ほぼ)ずっと全裸」へ覚悟の方針転換

    タレント出身のDカップ女優「四宮ありす」のAVデビュー第4弾。
    北海道出身の25歳。
    旧芸名は「結〇りおな」。
    素人時代に動画配信サイト(ニ〇ニコ動画)で活動開始。
    2014年に大手芸能事務所(アミ〇ーズ)が主催する新人発掘オーディションでファイナリストに選出される(当時〇6歳)。
    以降は、現役の女子校生タレントとして地上波のバラエティー番組へ多数出演。
    2022年11月にAVデビューを発表。
    作品を重ねるたびに洗練されていくルックスは、さすが元地上波タレント(ダイヤの原石)である。
    今回は「性感開発」「エロス覚醒」がテーマ。
    事前に「3週間の禁欲生活」を課した上で、本番シーンでは「乳首」「膣中」「クリ」の3大スポットを中心に責める。
    「乳首露出NG」だったデビュー作を考えると、序盤で乳首イキは、なかなかの方針転換。
    「ローター→手マン」の大量失禁を挟んで、前半は、両乳首をギュッとつまみながらのマニアックな全裸FUCK。
    「イキ過ぎて立ってるのもしんどい」と思わず本音が漏れるありす嬢。
    フィニッシュはビュルビュルと顔射。
    さらに、中盤は「クリ」への刺激を意識した顔射FUCK。
    「ヤバイ、ヤバイって」とガチの泣き顔。
    そして、後半は、効果抜群のオイルをたっぷりと垂らしたぬるぬる全裸3P。
    まだ20代のタレントマ〇コへ延々と勃起チ〇ポを挿入する大絶頂セックス。
    顔射の重ね掛けで「濃厚ザーメンパック」の完成である。
    「あの頃」の彼女を知るファンにとっては「信じ難い光景」といえる。
    オープニングの着衣インタビュー以降は(数回の衣装チェンジはあるが)「基本的にずっと全裸」の見事な脱ぎっぷりを見せてくれる彼女。
    ケツ穴(肛門)もガッツリと露出するスタイル。
    タレントからAV女優へ25歳の本気。
  44. 見事なイキっぷり

    期待を超える見事なイキっぷりである。
    なりふり構わず、追撃されて連続絶頂してます。
    ヌケる作品です。
  45. 覚醒して一皮むけたか!?

    元芸能人だけに業界特有の「可愛がり保護期間」があるのかもしれない四宮ありす。
    ただ、今回は「覚醒」シリーズだけに屈強な男優陣に攻められまくりの、イキまくり!
    アニメ声の単調な喘ぎがわざとらしいとはいえ、ようやくAVらしい抜ける作品になってきた!
  46. 安定の可愛さなんだけどさ

    左胸にファンデーション塗って何か隠してるのが終始気になった。
  47. 名作では?今まで緊張でイケて無かったのか、戦略だったのか…

    は本人とスタッフしか解らない。
    ただタイトルとプレイ内容が一致していない。
    乳首にクリーム(一応媚薬)を塗って刺激しただけでイキそうになり…覚醒はじめから済んでませんか?とか、クリトリスに焦点を当てるパートでもローター1個のみで、クンニ責めも絶頂1回分だけ、Gスポットパートはまあそれなりではありましたが、3Pやりましたとしか…。

     他の方が他作品で述べていましたが、見た目セックスアピールが足りない感じで、子供をギュッとしてあげたくなる感じというか、多くいる女優さんの中この娘を選んでHしたいか、と質問されると、う~ん今後視聴は無いかな?と思っていましたが…。
    その考えは50分経過した辺りから覆されることになります。

     最初と次の途中まで45分経過位まで寸止めが続き、一部のロリ路線の人にしかウケないかなあ?と思いながら見ていました。

     で、ようやく初めて逝く事となるんですが、思いの外大きい痙攣!
    そして、毎回絶頂する度に大なり小なり痙攣を伴いながら逝く。
    その頃には顔が赤みを帯びてきて、AVとして見られる様になってきました。

     クリトリスパートではウーマナイザーか最低電マかローター2個は登場してほしかったですが、1回絶頂するまではなんかそそらない、可愛いだけの感じなんですが、逝き始めると問題なくなりました。
    悪魔でも私見ですけど。

     絶頂時に毎回足か上半身か全身が痙攣するんですが、時々海老反り状態、ブリッジ状態になるのが美しかった。

     Gスポットパートの本番の道中では一時「イク」の言葉もおぼつかなくなり、痙攣というより、ヒキツケ?(息がヒックヒックとなっている状態での痙攣逝きといえばいいのかな)の瞬間が見応え有りました。

     ラストはあえぎ声というより呻き声からの泣き声からの再び呻き声、て感じで、何を言っているのか判らない状態でした。

     絡み後のインタビューはなしで、彼女の引き画面からのモノクロでの撤収作業が20秒程流されENDです。

     寸止めシーンが長かった為、絶頂回数50回、内本番での絶頂37回、たまたま追撃が数秒1回のみと、数は特別とまではいきませんが、本気で逝った時毎回あの痙攣が付いてくるなら、扱いは大変だけど(動いてしまうので追撃そのものが難しそう)トップの仲間入りもあるかも?
     タイトルに沿ってなければ必ず減点していたんですが、自分の見応えを優先させていただきました。

  48. イキ、喘ぎの芸能人四宮ありすって新しい発見かも?

    もともとイキやすい体質と語る本物芸能人‘四宮ありす’が乳首、クリ、Gスポットの3大性感帯をあの手この手で責められ、更に焦らされ、ネクストステージの快感ゾーンに到達する!

    仰け反りながら絶頂し、遂には痙攣しながら快楽潮ブッシャー!

    可愛さが売りだった女性タレントがここまで下品にイキ狂う。

    今作でしか見られないどんどん性感が覚醒していくエロス映像をお楽しみください!

    【コメント】
    デビューからずっと〈芸能人〉と謳っているけど、存じ上げないんでよく知らないって人も多いと思います。

    タレントだったという経歴はまぁ良しとして、話が逸れてしまいましたが、四宮ありすの乳首、クリトリス、Gスポットを攻めまくる内容になっています。

    3大性感帯をあの手この手で攻められては喘ぎまくってイキまくってのオンパレードです!

    芸能人だからというスタンスではなく、平等に女優スタンスで売り出せば良いと思うね。

  49. イキ、喘ぎの芸能人四宮ありすって新しい発見かも?

    もともとイキやすい体質と語る本物芸能人‘四宮ありす’が乳首、クリ、Gスポットの3大性感帯をあの手この手で責められ、更に焦らされ、ネクストステージの快感ゾーンに到達する!

    仰け反りながら絶頂し、遂には痙攣しながら快楽潮ブッシャー!

    可愛さが売りだった女性タレントがここまで下品にイキ狂う。

    今作でしか見られないどんどん性感が覚醒していくエロス映像をお楽しみください!

    【コメント】
    デビューからずっと〈芸能人〉と謳っているけど、存じ上げないんでよく知らないって人も多いと思います。

    タレントだったという経歴はまぁ良しとして、話が逸れてしまいましたが、四宮ありすの乳首、クリトリス、Gスポットを攻めまくる内容になっています。

    3大性感帯をあの手この手で攻められては喘ぎまくってイキまくってのオンパレードです!

    芸能人だからというスタンスではなく、平等に女優スタンスで売り出せば良いと思うね。

  50. 名作では?今まで緊張でイケて無かったのか、戦略だったのか…

    は本人とスタッフしか解らない。
    ただタイトルとプレイ内容が一致していない。
    乳首にクリーム(一応媚薬)を塗って刺激しただけでイキそうになり…覚醒はじめから済んでませんか?とか、クリトリスに焦点を当てるパートでもローター1個のみで、クンニ責めも絶頂1回分だけ、Gスポットパートはまあそれなりではありましたが、3Pやりましたとしか…。

     他の方が他作品で述べていましたが、見た目セックスアピールが足りない感じで、子供をギュッとしてあげたくなる感じというか、多くいる女優さんの中この娘を選んでHしたいか、と質問されると、う~ん今後視聴は無いかな?と思っていましたが…。
    その考えは50分経過した辺りから覆されることになります。

     最初と次の途中まで45分経過位まで寸止めが続き、一部のロリ路線の人にしかウケないかなあ?と思いながら見ていました。

     で、ようやく初めて逝く事となるんですが、思いの外大きい痙攣!
    そして、毎回絶頂する度に大なり小なり痙攣を伴いながら逝く。
    その頃には顔が赤みを帯びてきて、AVとして見られる様になってきました。

     クリトリスパートではウーマナイザーか最低電マかローター2個は登場してほしかったですが、1回絶頂するまではなんかそそらない、可愛いだけの感じなんですが、逝き始めると問題なくなりました。
    悪魔でも私見ですけど。

     絶頂時に毎回足か上半身か全身が痙攣するんですが、時々海老反り状態、ブリッジ状態になるのが美しかった。

     Gスポットパートの本番の道中では一時「イク」の言葉もおぼつかなくなり、痙攣というより、ヒキツケ?(息がヒックヒックとなっている状態での痙攣逝きといえばいいのかな)の瞬間が見応え有りました。

     ラストはあえぎ声というより呻き声からの泣き声からの再び呻き声、て感じで、何を言っているのか判らない状態でした。

     絡み後のインタビューはなしで、彼女の引き画面からのモノクロでの撤収作業が20秒程流されENDです。

     寸止めシーンが長かった為、絶頂回数50回、内本番での絶頂37回、たまたま追撃が数秒1回のみと、数は特別とまではいきませんが、本気で逝った時毎回あの痙攣が付いてくるなら、扱いは大変だけど(動いてしまうので追撃そのものが難しそう)トップの仲間入りもあるかも?
     タイトルに沿ってなければ必ず減点していたんですが、自分の見応えを優先させていただきました。

  51. セックス中は「(ほぼ)ずっと全裸」へ覚悟の方針転換

    タレント出身のDカップ女優「四宮ありす」のAVデビュー第4弾。
    北海道出身の25歳。
    旧芸名は「結〇りおな」。
    素人時代に動画配信サイト(ニ〇ニコ動画)で活動開始。
    2014年に大手芸能事務所(アミ〇ーズ)が主催する新人発掘オーディションでファイナリストに選出される(当時〇6歳)。
    以降は、現役の女子校生タレントとして地上波のバラエティー番組へ多数出演。
    2022年11月にAVデビューを発表。
    作品を重ねるたびに洗練されていくルックスは、さすが元地上波タレント(ダイヤの原石)である。
    今回は「性感開発」「エロス覚醒」がテーマ。
    事前に「3週間の禁欲生活」を課した上で、本番シーンでは「乳首」「膣中」「クリ」の3大スポットを中心に責める。
    「乳首露出NG」だったデビュー作を考えると、序盤で乳首イキは、なかなかの方針転換。
    「ローター→手マン」の大量失禁を挟んで、前半は、両乳首をギュッとつまみながらのマニアックな全裸FUCK。
    「イキ過ぎて立ってるのもしんどい」と思わず本音が漏れるありす嬢。
    フィニッシュはビュルビュルと顔射。
    さらに、中盤は「クリ」への刺激を意識した顔射FUCK。
    「ヤバイ、ヤバイって」とガチの泣き顔。
    そして、後半は、効果抜群のオイルをたっぷりと垂らしたぬるぬる全裸3P。
    まだ20代のタレントマ〇コへ延々と勃起チ〇ポを挿入する大絶頂セックス。
    顔射の重ね掛けで「濃厚ザーメンパック」の完成である。
    「あの頃」の彼女を知るファンにとっては「信じ難い光景」といえる。
    オープニングの着衣インタビュー以降は(数回の衣装チェンジはあるが)「基本的にずっと全裸」の見事な脱ぎっぷりを見せてくれる彼女。
    ケツ穴(肛門)もガッツリと露出するスタイル。
    タレントからAV女優へ25歳の本気。
  52. 安定の可愛さなんだけどさ

    左胸にファンデーション塗って何か隠してるのが終始気になった。
  53. 覚醒して一皮むけたか!?

    元芸能人だけに業界特有の「可愛がり保護期間」があるのかもしれない四宮ありす。
    ただ、今回は「覚醒」シリーズだけに屈強な男優陣に攻められまくりの、イキまくり!
    アニメ声の単調な喘ぎがわざとらしいとはいえ、ようやくAVらしい抜ける作品になってきた!
  54. 見事なイキっぷり

    期待を超える見事なイキっぷりである。
    なりふり構わず、追撃されて連続絶頂してます。
    ヌケる作品です。
  55. 覚醒して一皮むけたか!?

    元芸能人だけに業界特有の「可愛がり保護期間」があるのかもしれない四宮ありす。
    ただ、今回は「覚醒」シリーズだけに屈強な男優陣に攻められまくりの、イキまくり!
    アニメ声の単調な喘ぎがわざとらしいとはいえ、ようやくAVらしい抜ける作品になってきた!
  56. イキ、喘ぎの芸能人四宮ありすって新しい発見かも?

    もともとイキやすい体質と語る本物芸能人‘四宮ありす’が乳首、クリ、Gスポットの3大性感帯をあの手この手で責められ、更に焦らされ、ネクストステージの快感ゾーンに到達する!

    仰け反りながら絶頂し、遂には痙攣しながら快楽潮ブッシャー!

    可愛さが売りだった女性タレントがここまで下品にイキ狂う。

    今作でしか見られないどんどん性感が覚醒していくエロス映像をお楽しみください!

    【コメント】
    デビューからずっと〈芸能人〉と謳っているけど、存じ上げないんでよく知らないって人も多いと思います。

    タレントだったという経歴はまぁ良しとして、話が逸れてしまいましたが、四宮ありすの乳首、クリトリス、Gスポットを攻めまくる内容になっています。

    3大性感帯をあの手この手で攻められては喘ぎまくってイキまくってのオンパレードです!

    芸能人だからというスタンスではなく、平等に女優スタンスで売り出せば良いと思うね。

  57. 安定の可愛さなんだけどさ

    左胸にファンデーション塗って何か隠してるのが終始気になった。
  58. 見事なイキっぷり

    期待を超える見事なイキっぷりである。
    なりふり構わず、追撃されて連続絶頂してます。
    ヌケる作品です。
  59. セックス中は「(ほぼ)ずっと全裸」へ覚悟の方針転換

    タレント出身のDカップ女優「四宮ありす」のAVデビュー第4弾。
    北海道出身の25歳。
    旧芸名は「結〇りおな」。
    素人時代に動画配信サイト(ニ〇ニコ動画)で活動開始。
    2014年に大手芸能事務所(アミ〇ーズ)が主催する新人発掘オーディションでファイナリストに選出される(当時〇6歳)。
    以降は、現役の女子校生タレントとして地上波のバラエティー番組へ多数出演。
    2022年11月にAVデビューを発表。
    作品を重ねるたびに洗練されていくルックスは、さすが元地上波タレント(ダイヤの原石)である。
    今回は「性感開発」「エロス覚醒」がテーマ。
    事前に「3週間の禁欲生活」を課した上で、本番シーンでは「乳首」「膣中」「クリ」の3大スポットを中心に責める。
    「乳首露出NG」だったデビュー作を考えると、序盤で乳首イキは、なかなかの方針転換。
    「ローター→手マン」の大量失禁を挟んで、前半は、両乳首をギュッとつまみながらのマニアックな全裸FUCK。
    「イキ過ぎて立ってるのもしんどい」と思わず本音が漏れるありす嬢。
    フィニッシュはビュルビュルと顔射。
    さらに、中盤は「クリ」への刺激を意識した顔射FUCK。
    「ヤバイ、ヤバイって」とガチの泣き顔。
    そして、後半は、効果抜群のオイルをたっぷりと垂らしたぬるぬる全裸3P。
    まだ20代のタレントマ〇コへ延々と勃起チ〇ポを挿入する大絶頂セックス。
    顔射の重ね掛けで「濃厚ザーメンパック」の完成である。
    「あの頃」の彼女を知るファンにとっては「信じ難い光景」といえる。
    オープニングの着衣インタビュー以降は(数回の衣装チェンジはあるが)「基本的にずっと全裸」の見事な脱ぎっぷりを見せてくれる彼女。
    ケツ穴(肛門)もガッツリと露出するスタイル。
    タレントからAV女優へ25歳の本気。
  60. 名作では?今まで緊張でイケて無かったのか、戦略だったのか…

    は本人とスタッフしか解らない。
    ただタイトルとプレイ内容が一致していない。
    乳首にクリーム(一応媚薬)を塗って刺激しただけでイキそうになり…覚醒はじめから済んでませんか?とか、クリトリスに焦点を当てるパートでもローター1個のみで、クンニ責めも絶頂1回分だけ、Gスポットパートはまあそれなりではありましたが、3Pやりましたとしか…。

     他の方が他作品で述べていましたが、見た目セックスアピールが足りない感じで、子供をギュッとしてあげたくなる感じというか、多くいる女優さんの中この娘を選んでHしたいか、と質問されると、う~ん今後視聴は無いかな?と思っていましたが…。
    その考えは50分経過した辺りから覆されることになります。

     最初と次の途中まで45分経過位まで寸止めが続き、一部のロリ路線の人にしかウケないかなあ?と思いながら見ていました。

     で、ようやく初めて逝く事となるんですが、思いの外大きい痙攣!
    そして、毎回絶頂する度に大なり小なり痙攣を伴いながら逝く。
    その頃には顔が赤みを帯びてきて、AVとして見られる様になってきました。

     クリトリスパートではウーマナイザーか最低電マかローター2個は登場してほしかったですが、1回絶頂するまではなんかそそらない、可愛いだけの感じなんですが、逝き始めると問題なくなりました。
    悪魔でも私見ですけど。

     絶頂時に毎回足か上半身か全身が痙攣するんですが、時々海老反り状態、ブリッジ状態になるのが美しかった。

     Gスポットパートの本番の道中では一時「イク」の言葉もおぼつかなくなり、痙攣というより、ヒキツケ?(息がヒックヒックとなっている状態での痙攣逝きといえばいいのかな)の瞬間が見応え有りました。

     ラストはあえぎ声というより呻き声からの泣き声からの再び呻き声、て感じで、何を言っているのか判らない状態でした。

     絡み後のインタビューはなしで、彼女の引き画面からのモノクロでの撤収作業が20秒程流されENDです。

     寸止めシーンが長かった為、絶頂回数50回、内本番での絶頂37回、たまたま追撃が数秒1回のみと、数は特別とまではいきませんが、本気で逝った時毎回あの痙攣が付いてくるなら、扱いは大変だけど(動いてしまうので追撃そのものが難しそう)トップの仲間入りもあるかも?
     タイトルに沿ってなければ必ず減点していたんですが、自分の見応えを優先させていただきました。

  61. イキ、喘ぎの芸能人四宮ありすって新しい発見かも?

    もともとイキやすい体質と語る本物芸能人‘四宮ありす’が乳首、クリ、Gスポットの3大性感帯をあの手この手で責められ、更に焦らされ、ネクストステージの快感ゾーンに到達する!

    仰け反りながら絶頂し、遂には痙攣しながら快楽潮ブッシャー!

    可愛さが売りだった女性タレントがここまで下品にイキ狂う。

    今作でしか見られないどんどん性感が覚醒していくエロス映像をお楽しみください!

    【コメント】
    デビューからずっと〈芸能人〉と謳っているけど、存じ上げないんでよく知らないって人も多いと思います。

    タレントだったという経歴はまぁ良しとして、話が逸れてしまいましたが、四宮ありすの乳首、クリトリス、Gスポットを攻めまくる内容になっています。

    3大性感帯をあの手この手で攻められては喘ぎまくってイキまくってのオンパレードです!

    芸能人だからというスタンスではなく、平等に女優スタンスで売り出せば良いと思うね。

  62. 名作では?今まで緊張でイケて無かったのか、戦略だったのか…

    は本人とスタッフしか解らない。
    ただタイトルとプレイ内容が一致していない。
    乳首にクリーム(一応媚薬)を塗って刺激しただけでイキそうになり…覚醒はじめから済んでませんか?とか、クリトリスに焦点を当てるパートでもローター1個のみで、クンニ責めも絶頂1回分だけ、Gスポットパートはまあそれなりではありましたが、3Pやりましたとしか…。

     他の方が他作品で述べていましたが、見た目セックスアピールが足りない感じで、子供をギュッとしてあげたくなる感じというか、多くいる女優さんの中この娘を選んでHしたいか、と質問されると、う~ん今後視聴は無いかな?と思っていましたが…。
    その考えは50分経過した辺りから覆されることになります。

     最初と次の途中まで45分経過位まで寸止めが続き、一部のロリ路線の人にしかウケないかなあ?と思いながら見ていました。

     で、ようやく初めて逝く事となるんですが、思いの外大きい痙攣!
    そして、毎回絶頂する度に大なり小なり痙攣を伴いながら逝く。
    その頃には顔が赤みを帯びてきて、AVとして見られる様になってきました。

     クリトリスパートではウーマナイザーか最低電マかローター2個は登場してほしかったですが、1回絶頂するまではなんかそそらない、可愛いだけの感じなんですが、逝き始めると問題なくなりました。
    悪魔でも私見ですけど。

     絶頂時に毎回足か上半身か全身が痙攣するんですが、時々海老反り状態、ブリッジ状態になるのが美しかった。

     Gスポットパートの本番の道中では一時「イク」の言葉もおぼつかなくなり、痙攣というより、ヒキツケ?(息がヒックヒックとなっている状態での痙攣逝きといえばいいのかな)の瞬間が見応え有りました。

     ラストはあえぎ声というより呻き声からの泣き声からの再び呻き声、て感じで、何を言っているのか判らない状態でした。

     絡み後のインタビューはなしで、彼女の引き画面からのモノクロでの撤収作業が20秒程流されENDです。

     寸止めシーンが長かった為、絶頂回数50回、内本番での絶頂37回、たまたま追撃が数秒1回のみと、数は特別とまではいきませんが、本気で逝った時毎回あの痙攣が付いてくるなら、扱いは大変だけど(動いてしまうので追撃そのものが難しそう)トップの仲間入りもあるかも?
     タイトルに沿ってなければ必ず減点していたんですが、自分の見応えを優先させていただきました。

  63. 見事なイキっぷり

    期待を超える見事なイキっぷりである。
    なりふり構わず、追撃されて連続絶頂してます。
    ヌケる作品です。
  64. 覚醒して一皮むけたか!?

    元芸能人だけに業界特有の「可愛がり保護期間」があるのかもしれない四宮ありす。
    ただ、今回は「覚醒」シリーズだけに屈強な男優陣に攻められまくりの、イキまくり!
    アニメ声の単調な喘ぎがわざとらしいとはいえ、ようやくAVらしい抜ける作品になってきた!
  65. セックス中は「(ほぼ)ずっと全裸」へ覚悟の方針転換

    タレント出身のDカップ女優「四宮ありす」のAVデビュー第4弾。
    北海道出身の25歳。
    旧芸名は「結〇りおな」。
    素人時代に動画配信サイト(ニ〇ニコ動画)で活動開始。
    2014年に大手芸能事務所(アミ〇ーズ)が主催する新人発掘オーディションでファイナリストに選出される(当時〇6歳)。
    以降は、現役の女子校生タレントとして地上波のバラエティー番組へ多数出演。
    2022年11月にAVデビューを発表。
    作品を重ねるたびに洗練されていくルックスは、さすが元地上波タレント(ダイヤの原石)である。
    今回は「性感開発」「エロス覚醒」がテーマ。
    事前に「3週間の禁欲生活」を課した上で、本番シーンでは「乳首」「膣中」「クリ」の3大スポットを中心に責める。
    「乳首露出NG」だったデビュー作を考えると、序盤で乳首イキは、なかなかの方針転換。
    「ローター→手マン」の大量失禁を挟んで、前半は、両乳首をギュッとつまみながらのマニアックな全裸FUCK。
    「イキ過ぎて立ってるのもしんどい」と思わず本音が漏れるありす嬢。
    フィニッシュはビュルビュルと顔射。
    さらに、中盤は「クリ」への刺激を意識した顔射FUCK。
    「ヤバイ、ヤバイって」とガチの泣き顔。
    そして、後半は、効果抜群のオイルをたっぷりと垂らしたぬるぬる全裸3P。
    まだ20代のタレントマ〇コへ延々と勃起チ〇ポを挿入する大絶頂セックス。
    顔射の重ね掛けで「濃厚ザーメンパック」の完成である。
    「あの頃」の彼女を知るファンにとっては「信じ難い光景」といえる。
    オープニングの着衣インタビュー以降は(数回の衣装チェンジはあるが)「基本的にずっと全裸」の見事な脱ぎっぷりを見せてくれる彼女。
    ケツ穴(肛門)もガッツリと露出するスタイル。
    タレントからAV女優へ25歳の本気。
  66. 安定の可愛さなんだけどさ

    左胸にファンデーション塗って何か隠してるのが終始気になった。
  67. 覚醒して一皮むけたか!?

    元芸能人だけに業界特有の「可愛がり保護期間」があるのかもしれない四宮ありす。
    ただ、今回は「覚醒」シリーズだけに屈強な男優陣に攻められまくりの、イキまくり!
    アニメ声の単調な喘ぎがわざとらしいとはいえ、ようやくAVらしい抜ける作品になってきた!
  68. 安定の可愛さなんだけどさ

    左胸にファンデーション塗って何か隠してるのが終始気になった。
  69. 見事なイキっぷり

    期待を超える見事なイキっぷりである。
    なりふり構わず、追撃されて連続絶頂してます。
    ヌケる作品です。
  70. セックス中は「(ほぼ)ずっと全裸」へ覚悟の方針転換

    タレント出身のDカップ女優「四宮ありす」のAVデビュー第4弾。
    北海道出身の25歳。
    旧芸名は「結〇りおな」。
    素人時代に動画配信サイト(ニ〇ニコ動画)で活動開始。
    2014年に大手芸能事務所(アミ〇ーズ)が主催する新人発掘オーディションでファイナリストに選出される(当時〇6歳)。
    以降は、現役の女子校生タレントとして地上波のバラエティー番組へ多数出演。
    2022年11月にAVデビューを発表。
    作品を重ねるたびに洗練されていくルックスは、さすが元地上波タレント(ダイヤの原石)である。
    今回は「性感開発」「エロス覚醒」がテーマ。
    事前に「3週間の禁欲生活」を課した上で、本番シーンでは「乳首」「膣中」「クリ」の3大スポットを中心に責める。
    「乳首露出NG」だったデビュー作を考えると、序盤で乳首イキは、なかなかの方針転換。
    「ローター→手マン」の大量失禁を挟んで、前半は、両乳首をギュッとつまみながらのマニアックな全裸FUCK。
    「イキ過ぎて立ってるのもしんどい」と思わず本音が漏れるありす嬢。
    フィニッシュはビュルビュルと顔射。
    さらに、中盤は「クリ」への刺激を意識した顔射FUCK。
    「ヤバイ、ヤバイって」とガチの泣き顔。
    そして、後半は、効果抜群のオイルをたっぷりと垂らしたぬるぬる全裸3P。
    まだ20代のタレントマ〇コへ延々と勃起チ〇ポを挿入する大絶頂セックス。
    顔射の重ね掛けで「濃厚ザーメンパック」の完成である。
    「あの頃」の彼女を知るファンにとっては「信じ難い光景」といえる。
    オープニングの着衣インタビュー以降は(数回の衣装チェンジはあるが)「基本的にずっと全裸」の見事な脱ぎっぷりを見せてくれる彼女。
    ケツ穴(肛門)もガッツリと露出するスタイル。
    タレントからAV女優へ25歳の本気。
  71. イキ、喘ぎの芸能人四宮ありすって新しい発見かも?

    もともとイキやすい体質と語る本物芸能人‘四宮ありす’が乳首、クリ、Gスポットの3大性感帯をあの手この手で責められ、更に焦らされ、ネクストステージの快感ゾーンに到達する!

    仰け反りながら絶頂し、遂には痙攣しながら快楽潮ブッシャー!

    可愛さが売りだった女性タレントがここまで下品にイキ狂う。

    今作でしか見られないどんどん性感が覚醒していくエロス映像をお楽しみください!

    【コメント】
    デビューからずっと〈芸能人〉と謳っているけど、存じ上げないんでよく知らないって人も多いと思います。

    タレントだったという経歴はまぁ良しとして、話が逸れてしまいましたが、四宮ありすの乳首、クリトリス、Gスポットを攻めまくる内容になっています。

    3大性感帯をあの手この手で攻められては喘ぎまくってイキまくってのオンパレードです!

    芸能人だからというスタンスではなく、平等に女優スタンスで売り出せば良いと思うね。

  72. 名作では?今まで緊張でイケて無かったのか、戦略だったのか…

    は本人とスタッフしか解らない。
    ただタイトルとプレイ内容が一致していない。
    乳首にクリーム(一応媚薬)を塗って刺激しただけでイキそうになり…覚醒はじめから済んでませんか?とか、クリトリスに焦点を当てるパートでもローター1個のみで、クンニ責めも絶頂1回分だけ、Gスポットパートはまあそれなりではありましたが、3Pやりましたとしか…。

     他の方が他作品で述べていましたが、見た目セックスアピールが足りない感じで、子供をギュッとしてあげたくなる感じというか、多くいる女優さんの中この娘を選んでHしたいか、と質問されると、う~ん今後視聴は無いかな?と思っていましたが…。
    その考えは50分経過した辺りから覆されることになります。

     最初と次の途中まで45分経過位まで寸止めが続き、一部のロリ路線の人にしかウケないかなあ?と思いながら見ていました。

     で、ようやく初めて逝く事となるんですが、思いの外大きい痙攣!
    そして、毎回絶頂する度に大なり小なり痙攣を伴いながら逝く。
    その頃には顔が赤みを帯びてきて、AVとして見られる様になってきました。

     クリトリスパートではウーマナイザーか最低電マかローター2個は登場してほしかったですが、1回絶頂するまではなんかそそらない、可愛いだけの感じなんですが、逝き始めると問題なくなりました。
    悪魔でも私見ですけど。

     絶頂時に毎回足か上半身か全身が痙攣するんですが、時々海老反り状態、ブリッジ状態になるのが美しかった。

     Gスポットパートの本番の道中では一時「イク」の言葉もおぼつかなくなり、痙攣というより、ヒキツケ?(息がヒックヒックとなっている状態での痙攣逝きといえばいいのかな)の瞬間が見応え有りました。

     ラストはあえぎ声というより呻き声からの泣き声からの再び呻き声、て感じで、何を言っているのか判らない状態でした。

     絡み後のインタビューはなしで、彼女の引き画面からのモノクロでの撤収作業が20秒程流されENDです。

     寸止めシーンが長かった為、絶頂回数50回、内本番での絶頂37回、たまたま追撃が数秒1回のみと、数は特別とまではいきませんが、本気で逝った時毎回あの痙攣が付いてくるなら、扱いは大変だけど(動いてしまうので追撃そのものが難しそう)トップの仲間入りもあるかも?
     タイトルに沿ってなければ必ず減点していたんですが、自分の見応えを優先させていただきました。

  73. イキ、喘ぎの芸能人四宮ありすって新しい発見かも?

    もともとイキやすい体質と語る本物芸能人‘四宮ありす’が乳首、クリ、Gスポットの3大性感帯をあの手この手で責められ、更に焦らされ、ネクストステージの快感ゾーンに到達する!

    仰け反りながら絶頂し、遂には痙攣しながら快楽潮ブッシャー!

    可愛さが売りだった女性タレントがここまで下品にイキ狂う。

    今作でしか見られないどんどん性感が覚醒していくエロス映像をお楽しみください!

    【コメント】
    デビューからずっと〈芸能人〉と謳っているけど、存じ上げないんでよく知らないって人も多いと思います。

    タレントだったという経歴はまぁ良しとして、話が逸れてしまいましたが、四宮ありすの乳首、クリトリス、Gスポットを攻めまくる内容になっています。

    3大性感帯をあの手この手で攻められては喘ぎまくってイキまくってのオンパレードです!

    芸能人だからというスタンスではなく、平等に女優スタンスで売り出せば良いと思うね。

  74. 覚醒して一皮むけたか!?

    元芸能人だけに業界特有の「可愛がり保護期間」があるのかもしれない四宮ありす。
    ただ、今回は「覚醒」シリーズだけに屈強な男優陣に攻められまくりの、イキまくり!
    アニメ声の単調な喘ぎがわざとらしいとはいえ、ようやくAVらしい抜ける作品になってきた!
  75. 名作では?今まで緊張でイケて無かったのか、戦略だったのか…

    は本人とスタッフしか解らない。
    ただタイトルとプレイ内容が一致していない。
    乳首にクリーム(一応媚薬)を塗って刺激しただけでイキそうになり…覚醒はじめから済んでませんか?とか、クリトリスに焦点を当てるパートでもローター1個のみで、クンニ責めも絶頂1回分だけ、Gスポットパートはまあそれなりではありましたが、3Pやりましたとしか…。

     他の方が他作品で述べていましたが、見た目セックスアピールが足りない感じで、子供をギュッとしてあげたくなる感じというか、多くいる女優さんの中この娘を選んでHしたいか、と質問されると、う~ん今後視聴は無いかな?と思っていましたが…。
    その考えは50分経過した辺りから覆されることになります。

     最初と次の途中まで45分経過位まで寸止めが続き、一部のロリ路線の人にしかウケないかなあ?と思いながら見ていました。

     で、ようやく初めて逝く事となるんですが、思いの外大きい痙攣!
    そして、毎回絶頂する度に大なり小なり痙攣を伴いながら逝く。
    その頃には顔が赤みを帯びてきて、AVとして見られる様になってきました。

     クリトリスパートではウーマナイザーか最低電マかローター2個は登場してほしかったですが、1回絶頂するまではなんかそそらない、可愛いだけの感じなんですが、逝き始めると問題なくなりました。
    悪魔でも私見ですけど。

     絶頂時に毎回足か上半身か全身が痙攣するんですが、時々海老反り状態、ブリッジ状態になるのが美しかった。

     Gスポットパートの本番の道中では一時「イク」の言葉もおぼつかなくなり、痙攣というより、ヒキツケ?(息がヒックヒックとなっている状態での痙攣逝きといえばいいのかな)の瞬間が見応え有りました。

     ラストはあえぎ声というより呻き声からの泣き声からの再び呻き声、て感じで、何を言っているのか判らない状態でした。

     絡み後のインタビューはなしで、彼女の引き画面からのモノクロでの撤収作業が20秒程流されENDです。

     寸止めシーンが長かった為、絶頂回数50回、内本番での絶頂37回、たまたま追撃が数秒1回のみと、数は特別とまではいきませんが、本気で逝った時毎回あの痙攣が付いてくるなら、扱いは大変だけど(動いてしまうので追撃そのものが難しそう)トップの仲間入りもあるかも?
     タイトルに沿ってなければ必ず減点していたんですが、自分の見応えを優先させていただきました。

  76. 見事なイキっぷり

    期待を超える見事なイキっぷりである。
    なりふり構わず、追撃されて連続絶頂してます。
    ヌケる作品です。
  77. セックス中は「(ほぼ)ずっと全裸」へ覚悟の方針転換

    タレント出身のDカップ女優「四宮ありす」のAVデビュー第4弾。
    北海道出身の25歳。
    旧芸名は「結〇りおな」。
    素人時代に動画配信サイト(ニ〇ニコ動画)で活動開始。
    2014年に大手芸能事務所(アミ〇ーズ)が主催する新人発掘オーディションでファイナリストに選出される(当時〇6歳)。
    以降は、現役の女子校生タレントとして地上波のバラエティー番組へ多数出演。
    2022年11月にAVデビューを発表。
    作品を重ねるたびに洗練されていくルックスは、さすが元地上波タレント(ダイヤの原石)である。
    今回は「性感開発」「エロス覚醒」がテーマ。
    事前に「3週間の禁欲生活」を課した上で、本番シーンでは「乳首」「膣中」「クリ」の3大スポットを中心に責める。
    「乳首露出NG」だったデビュー作を考えると、序盤で乳首イキは、なかなかの方針転換。
    「ローター→手マン」の大量失禁を挟んで、前半は、両乳首をギュッとつまみながらのマニアックな全裸FUCK。
    「イキ過ぎて立ってるのもしんどい」と思わず本音が漏れるありす嬢。
    フィニッシュはビュルビュルと顔射。
    さらに、中盤は「クリ」への刺激を意識した顔射FUCK。
    「ヤバイ、ヤバイって」とガチの泣き顔。
    そして、後半は、効果抜群のオイルをたっぷりと垂らしたぬるぬる全裸3P。
    まだ20代のタレントマ〇コへ延々と勃起チ〇ポを挿入する大絶頂セックス。
    顔射の重ね掛けで「濃厚ザーメンパック」の完成である。
    「あの頃」の彼女を知るファンにとっては「信じ難い光景」といえる。
    オープニングの着衣インタビュー以降は(数回の衣装チェンジはあるが)「基本的にずっと全裸」の見事な脱ぎっぷりを見せてくれる彼女。
    ケツ穴(肛門)もガッツリと露出するスタイル。
    タレントからAV女優へ25歳の本気。
  78. 覚醒して一皮むけたか!?

    元芸能人だけに業界特有の「可愛がり保護期間」があるのかもしれない四宮ありす。
    ただ、今回は「覚醒」シリーズだけに屈強な男優陣に攻められまくりの、イキまくり!
    アニメ声の単調な喘ぎがわざとらしいとはいえ、ようやくAVらしい抜ける作品になってきた!
  79. 安定の可愛さなんだけどさ

    左胸にファンデーション塗って何か隠してるのが終始気になった。
  80. イキ、喘ぎの芸能人四宮ありすって新しい発見かも?

    もともとイキやすい体質と語る本物芸能人‘四宮ありす’が乳首、クリ、Gスポットの3大性感帯をあの手この手で責められ、更に焦らされ、ネクストステージの快感ゾーンに到達する!

    仰け反りながら絶頂し、遂には痙攣しながら快楽潮ブッシャー!

    可愛さが売りだった女性タレントがここまで下品にイキ狂う。

    今作でしか見られないどんどん性感が覚醒していくエロス映像をお楽しみください!

    【コメント】
    デビューからずっと〈芸能人〉と謳っているけど、存じ上げないんでよく知らないって人も多いと思います。

    タレントだったという経歴はまぁ良しとして、話が逸れてしまいましたが、四宮ありすの乳首、クリトリス、Gスポットを攻めまくる内容になっています。

    3大性感帯をあの手この手で攻められては喘ぎまくってイキまくってのオンパレードです!

    芸能人だからというスタンスではなく、平等に女優スタンスで売り出せば良いと思うね。

  81. セックス中は「(ほぼ)ずっと全裸」へ覚悟の方針転換

    タレント出身のDカップ女優「四宮ありす」のAVデビュー第4弾。
    北海道出身の25歳。
    旧芸名は「結〇りおな」。
    素人時代に動画配信サイト(ニ〇ニコ動画)で活動開始。
    2014年に大手芸能事務所(アミ〇ーズ)が主催する新人発掘オーディションでファイナリストに選出される(当時〇6歳)。
    以降は、現役の女子校生タレントとして地上波のバラエティー番組へ多数出演。
    2022年11月にAVデビューを発表。
    作品を重ねるたびに洗練されていくルックスは、さすが元地上波タレント(ダイヤの原石)である。
    今回は「性感開発」「エロス覚醒」がテーマ。
    事前に「3週間の禁欲生活」を課した上で、本番シーンでは「乳首」「膣中」「クリ」の3大スポットを中心に責める。
    「乳首露出NG」だったデビュー作を考えると、序盤で乳首イキは、なかなかの方針転換。
    「ローター→手マン」の大量失禁を挟んで、前半は、両乳首をギュッとつまみながらのマニアックな全裸FUCK。
    「イキ過ぎて立ってるのもしんどい」と思わず本音が漏れるありす嬢。
    フィニッシュはビュルビュルと顔射。
    さらに、中盤は「クリ」への刺激を意識した顔射FUCK。
    「ヤバイ、ヤバイって」とガチの泣き顔。
    そして、後半は、効果抜群のオイルをたっぷりと垂らしたぬるぬる全裸3P。
    まだ20代のタレントマ〇コへ延々と勃起チ〇ポを挿入する大絶頂セックス。
    顔射の重ね掛けで「濃厚ザーメンパック」の完成である。
    「あの頃」の彼女を知るファンにとっては「信じ難い光景」といえる。
    オープニングの着衣インタビュー以降は(数回の衣装チェンジはあるが)「基本的にずっと全裸」の見事な脱ぎっぷりを見せてくれる彼女。
    ケツ穴(肛門)もガッツリと露出するスタイル。
    タレントからAV女優へ25歳の本気。
  82. 名作では?今まで緊張でイケて無かったのか、戦略だったのか…

    は本人とスタッフしか解らない。
    ただタイトルとプレイ内容が一致していない。
    乳首にクリーム(一応媚薬)を塗って刺激しただけでイキそうになり…覚醒はじめから済んでませんか?とか、クリトリスに焦点を当てるパートでもローター1個のみで、クンニ責めも絶頂1回分だけ、Gスポットパートはまあそれなりではありましたが、3Pやりましたとしか…。

     他の方が他作品で述べていましたが、見た目セックスアピールが足りない感じで、子供をギュッとしてあげたくなる感じというか、多くいる女優さんの中この娘を選んでHしたいか、と質問されると、う~ん今後視聴は無いかな?と思っていましたが…。
    その考えは50分経過した辺りから覆されることになります。

     最初と次の途中まで45分経過位まで寸止めが続き、一部のロリ路線の人にしかウケないかなあ?と思いながら見ていました。

     で、ようやく初めて逝く事となるんですが、思いの外大きい痙攣!
    そして、毎回絶頂する度に大なり小なり痙攣を伴いながら逝く。
    その頃には顔が赤みを帯びてきて、AVとして見られる様になってきました。

     クリトリスパートではウーマナイザーか最低電マかローター2個は登場してほしかったですが、1回絶頂するまではなんかそそらない、可愛いだけの感じなんですが、逝き始めると問題なくなりました。
    悪魔でも私見ですけど。

     絶頂時に毎回足か上半身か全身が痙攣するんですが、時々海老反り状態、ブリッジ状態になるのが美しかった。

     Gスポットパートの本番の道中では一時「イク」の言葉もおぼつかなくなり、痙攣というより、ヒキツケ?(息がヒックヒックとなっている状態での痙攣逝きといえばいいのかな)の瞬間が見応え有りました。

     ラストはあえぎ声というより呻き声からの泣き声からの再び呻き声、て感じで、何を言っているのか判らない状態でした。

     絡み後のインタビューはなしで、彼女の引き画面からのモノクロでの撤収作業が20秒程流されENDです。

     寸止めシーンが長かった為、絶頂回数50回、内本番での絶頂37回、たまたま追撃が数秒1回のみと、数は特別とまではいきませんが、本気で逝った時毎回あの痙攣が付いてくるなら、扱いは大変だけど(動いてしまうので追撃そのものが難しそう)トップの仲間入りもあるかも?
     タイトルに沿ってなければ必ず減点していたんですが、自分の見応えを優先させていただきました。

  83. 見事なイキっぷり

    期待を超える見事なイキっぷりである。
    なりふり構わず、追撃されて連続絶頂してます。
    ヌケる作品です。
  84. 安定の可愛さなんだけどさ

    左胸にファンデーション塗って何か隠してるのが終始気になった。
  85. 見事なイキっぷり

    期待を超える見事なイキっぷりである。
    なりふり構わず、追撃されて連続絶頂してます。
    ヌケる作品です。
  86. イキ、喘ぎの芸能人四宮ありすって新しい発見かも?

    もともとイキやすい体質と語る本物芸能人‘四宮ありす’が乳首、クリ、Gスポットの3大性感帯をあの手この手で責められ、更に焦らされ、ネクストステージの快感ゾーンに到達する!

    仰け反りながら絶頂し、遂には痙攣しながら快楽潮ブッシャー!

    可愛さが売りだった女性タレントがここまで下品にイキ狂う。

    今作でしか見られないどんどん性感が覚醒していくエロス映像をお楽しみください!

    【コメント】
    デビューからずっと〈芸能人〉と謳っているけど、存じ上げないんでよく知らないって人も多いと思います。

    タレントだったという経歴はまぁ良しとして、話が逸れてしまいましたが、四宮ありすの乳首、クリトリス、Gスポットを攻めまくる内容になっています。

    3大性感帯をあの手この手で攻められては喘ぎまくってイキまくってのオンパレードです!

    芸能人だからというスタンスではなく、平等に女優スタンスで売り出せば良いと思うね。

  87. 名作では?今まで緊張でイケて無かったのか、戦略だったのか…

    は本人とスタッフしか解らない。
    ただタイトルとプレイ内容が一致していない。
    乳首にクリーム(一応媚薬)を塗って刺激しただけでイキそうになり…覚醒はじめから済んでませんか?とか、クリトリスに焦点を当てるパートでもローター1個のみで、クンニ責めも絶頂1回分だけ、Gスポットパートはまあそれなりではありましたが、3Pやりましたとしか…。

     他の方が他作品で述べていましたが、見た目セックスアピールが足りない感じで、子供をギュッとしてあげたくなる感じというか、多くいる女優さんの中この娘を選んでHしたいか、と質問されると、う~ん今後視聴は無いかな?と思っていましたが…。
    その考えは50分経過した辺りから覆されることになります。

     最初と次の途中まで45分経過位まで寸止めが続き、一部のロリ路線の人にしかウケないかなあ?と思いながら見ていました。

     で、ようやく初めて逝く事となるんですが、思いの外大きい痙攣!
    そして、毎回絶頂する度に大なり小なり痙攣を伴いながら逝く。
    その頃には顔が赤みを帯びてきて、AVとして見られる様になってきました。

     クリトリスパートではウーマナイザーか最低電マかローター2個は登場してほしかったですが、1回絶頂するまではなんかそそらない、可愛いだけの感じなんですが、逝き始めると問題なくなりました。
    悪魔でも私見ですけど。

     絶頂時に毎回足か上半身か全身が痙攣するんですが、時々海老反り状態、ブリッジ状態になるのが美しかった。

     Gスポットパートの本番の道中では一時「イク」の言葉もおぼつかなくなり、痙攣というより、ヒキツケ?(息がヒックヒックとなっている状態での痙攣逝きといえばいいのかな)の瞬間が見応え有りました。

     ラストはあえぎ声というより呻き声からの泣き声からの再び呻き声、て感じで、何を言っているのか判らない状態でした。

     絡み後のインタビューはなしで、彼女の引き画面からのモノクロでの撤収作業が20秒程流されENDです。

     寸止めシーンが長かった為、絶頂回数50回、内本番での絶頂37回、たまたま追撃が数秒1回のみと、数は特別とまではいきませんが、本気で逝った時毎回あの痙攣が付いてくるなら、扱いは大変だけど(動いてしまうので追撃そのものが難しそう)トップの仲間入りもあるかも?
     タイトルに沿ってなければ必ず減点していたんですが、自分の見応えを優先させていただきました。

  88. セックス中は「(ほぼ)ずっと全裸」へ覚悟の方針転換

    タレント出身のDカップ女優「四宮ありす」のAVデビュー第4弾。
    北海道出身の25歳。
    旧芸名は「結〇りおな」。
    素人時代に動画配信サイト(ニ〇ニコ動画)で活動開始。
    2014年に大手芸能事務所(アミ〇ーズ)が主催する新人発掘オーディションでファイナリストに選出される(当時〇6歳)。
    以降は、現役の女子校生タレントとして地上波のバラエティー番組へ多数出演。
    2022年11月にAVデビューを発表。
    作品を重ねるたびに洗練されていくルックスは、さすが元地上波タレント(ダイヤの原石)である。
    今回は「性感開発」「エロス覚醒」がテーマ。
    事前に「3週間の禁欲生活」を課した上で、本番シーンでは「乳首」「膣中」「クリ」の3大スポットを中心に責める。
    「乳首露出NG」だったデビュー作を考えると、序盤で乳首イキは、なかなかの方針転換。
    「ローター→手マン」の大量失禁を挟んで、前半は、両乳首をギュッとつまみながらのマニアックな全裸FUCK。
    「イキ過ぎて立ってるのもしんどい」と思わず本音が漏れるありす嬢。
    フィニッシュはビュルビュルと顔射。
    さらに、中盤は「クリ」への刺激を意識した顔射FUCK。
    「ヤバイ、ヤバイって」とガチの泣き顔。
    そして、後半は、効果抜群のオイルをたっぷりと垂らしたぬるぬる全裸3P。
    まだ20代のタレントマ〇コへ延々と勃起チ〇ポを挿入する大絶頂セックス。
    顔射の重ね掛けで「濃厚ザーメンパック」の完成である。
    「あの頃」の彼女を知るファンにとっては「信じ難い光景」といえる。
    オープニングの着衣インタビュー以降は(数回の衣装チェンジはあるが)「基本的にずっと全裸」の見事な脱ぎっぷりを見せてくれる彼女。
    ケツ穴(肛門)もガッツリと露出するスタイル。
    タレントからAV女優へ25歳の本気。
  89. 覚醒して一皮むけたか!?

    元芸能人だけに業界特有の「可愛がり保護期間」があるのかもしれない四宮ありす。
    ただ、今回は「覚醒」シリーズだけに屈強な男優陣に攻められまくりの、イキまくり!
    アニメ声の単調な喘ぎがわざとらしいとはいえ、ようやくAVらしい抜ける作品になってきた!
  90. 安定の可愛さなんだけどさ

    左胸にファンデーション塗って何か隠してるのが終始気になった。
  91. 覚醒して一皮むけたか!?

    元芸能人だけに業界特有の「可愛がり保護期間」があるのかもしれない四宮ありす。
    ただ、今回は「覚醒」シリーズだけに屈強な男優陣に攻められまくりの、イキまくり!
    アニメ声の単調な喘ぎがわざとらしいとはいえ、ようやくAVらしい抜ける作品になってきた!
  92. 名作では?今まで緊張でイケて無かったのか、戦略だったのか…

    は本人とスタッフしか解らない。
    ただタイトルとプレイ内容が一致していない。
    乳首にクリーム(一応媚薬)を塗って刺激しただけでイキそうになり…覚醒はじめから済んでませんか?とか、クリトリスに焦点を当てるパートでもローター1個のみで、クンニ責めも絶頂1回分だけ、Gスポットパートはまあそれなりではありましたが、3Pやりましたとしか…。

     他の方が他作品で述べていましたが、見た目セックスアピールが足りない感じで、子供をギュッとしてあげたくなる感じというか、多くいる女優さんの中この娘を選んでHしたいか、と質問されると、う~ん今後視聴は無いかな?と思っていましたが…。
    その考えは50分経過した辺りから覆されることになります。

     最初と次の途中まで45分経過位まで寸止めが続き、一部のロリ路線の人にしかウケないかなあ?と思いながら見ていました。

     で、ようやく初めて逝く事となるんですが、思いの外大きい痙攣!
    そして、毎回絶頂する度に大なり小なり痙攣を伴いながら逝く。
    その頃には顔が赤みを帯びてきて、AVとして見られる様になってきました。

     クリトリスパートではウーマナイザーか最低電マかローター2個は登場してほしかったですが、1回絶頂するまではなんかそそらない、可愛いだけの感じなんですが、逝き始めると問題なくなりました。
    悪魔でも私見ですけど。

     絶頂時に毎回足か上半身か全身が痙攣するんですが、時々海老反り状態、ブリッジ状態になるのが美しかった。

     Gスポットパートの本番の道中では一時「イク」の言葉もおぼつかなくなり、痙攣というより、ヒキツケ?(息がヒックヒックとなっている状態での痙攣逝きといえばいいのかな)の瞬間が見応え有りました。

     ラストはあえぎ声というより呻き声からの泣き声からの再び呻き声、て感じで、何を言っているのか判らない状態でした。

     絡み後のインタビューはなしで、彼女の引き画面からのモノクロでの撤収作業が20秒程流されENDです。

     寸止めシーンが長かった為、絶頂回数50回、内本番での絶頂37回、たまたま追撃が数秒1回のみと、数は特別とまではいきませんが、本気で逝った時毎回あの痙攣が付いてくるなら、扱いは大変だけど(動いてしまうので追撃そのものが難しそう)トップの仲間入りもあるかも?
     タイトルに沿ってなければ必ず減点していたんですが、自分の見応えを優先させていただきました。

タイトルとURLをコピーしました